横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
タイ

サイヨーク国立公園

(Sai Yok National Park)

概要

カンチャブリー県のサイヨーク郡とトーンパープーム郡にまたがる広大な土地を有するサイヨーク国立公園。約500平方kmの広大な公園内にはクウェー・ノイ川が横切り、象の背中に乗ってジャングルトレッキングをしたり、バンブーラフティングを楽しんだり、水量豊かなサイヨーク・ヤイ滝やサイヨーク・ノイ滝で地元の子どもたちに混じって遊ぶこともできます。川からスピードボートで眺めるのも、1日かけてトレッキングするのも自由自在です。また旧日本軍の泰緬鉄道建設時の名残りも随所で見られます。


営業時間:8:30-16:30
サイヨーク国立公園入場料:大人300THB、子ども200THB


見所ポイント

童心に帰って遊べるサイヨーク・ヤイ滝とサイヨーク・ノイ滝
サイヨーク・ノイ滝

サイヨーク国立自然公園の一番の見どころとも言えるサイヨーク・ヤイ滝。公園管理事務所の近くに位置しています。クウェー・ノイ川に注ぐ小さな滝で、ナムトック(滝)・サイヨークヤイとナムトック・サイヨークヤイレックの2つがありますが、両方とも船での観覧が中心で高さは8mあり、船で近づくことによって遊泳が出来ます。クウェー・ノイ川に架かる吊り橋からの眺めも必見です。

一方、サイヨーク・ノイ滝はカンチャナブリー市街から最も近く、サイヨーク国立公園の入り口、ナムトック(泰緬)鉄道のナムトック駅から徒歩20分ほどでアクセス出来ます。雨季の時期はなかなかの迫力で、こちらの滝では水浴を楽しんだり、ゴザを敷いてピクニックをしているタイ人家族連れの姿も多く見られます。そこから上流に向かって階段を上り、さらにバイクに台車をつけたタクシーで数分行くと、滝の水源という泉に着きます。時間がなければサイヨーク・ノイ滝のトレッキングだけでも楽しめます。

サイヨークの滝は、タイの詩や歌でも唱われるなど、現地の人々に親しまれています。1880年にチュラーロンコーン大王(ラーマ5世)がこの地を訪れて水浴びをした時の写真は、現在でも残っています。この時の体験に感動したラーマ5世は、異母兄弟で当時の文化人でもあったナリット親王にサイヨークの自然を讃える曲の作曲を依頼しました。この時に出来たのが、現在でもタイ古典楽曲として名高いカメーン・サイヨークです。12月から1月の乾季には最も気温が低くなり水量が激減しますが、5月から10月の雨季は水量が多く霧がかかることもあり滝遊びに適しています。

公園内の自然を隅々まで散策
クウェー・ノイ川のバンブー・ラフティング

サイヨーク国立公園へは、バンコクやカンチャナブリーからナムトック(泰緬)鉄道が公園入り口の終着点ナムトック駅まで延びており、バスでも往復できます。雄大な自然公園には東南アジア特有の熱帯雨林や竹林などが広がり、トラやシカ、イノシシ、ハリネズミ、テナガザル、ゾウ、カモシカなどをはじめとする様々な稀少な野生の動物や鳥が生息しています。世界最小のほ乳類と言われ、石灰岩の洞窟内のみで生息しているキティブタバナコウモリもその一種。石灰質の土壌が多く、サイヨーク・ヤイ滝の近くにあるダーオドゥン洞窟は、全長100mで内部は8つの洞窟があり、タイで最も美しい鍾乳洞の一つとされています。また、サイヨーク・ノイ滝に近いラワー洞窟は更に大きく全長500mの鍾乳洞で5つの洞窟から形成されていますが、車で行く場合は大きく回り道をしなければならない上に、道が舗装されていないため訪れる人は少なめです。洞窟内では石英質の鍾乳石を見ることが出来ます。

サイヨーク国立公園内では、クウェー・ノイ川でカヤックやラフティングをするも良し、ジャングルでトレッキングしたり、より難しい場所を象に乗ってチャレンジするのも良し、大自然を満喫する様々なアクティビティーが可能です。地元の代理店で予約するツアーは選択肢が多く、日帰りのハイキングや連泊ツアーどちらも自然を満喫できます。宿泊施設はバンガロータイプのものやキャンプ施設もあり、川沿いのホテルは日本人観光客は少なめですが欧米人観光客に人気があります。

タイに来たら、やっぱり象に乗りたい
大自然の中で象乗り体験

サイヨーク国立公園入り口のナムトック駅から100m先にある小さな「エレファンツ・イン・ラブ・キャンプ」から象に乗って散歩をすることができます。うっそうと茂るジャングルの中を象の背中で散策できるチャンスは子供たちにも大人気。象使いは草や木で冠を作ってくれたり、1人で象に乗せてくれたりときめ細かいサービスをしてくれます。とは言え、高額のチップを要求されることもあるので、乗る際はその覚悟を。また泰緬鉄道のタムクラセー駅から車ですぐのサイヨーク・エレファントパークでは象乗りのほか象のショーや筏下りなども楽しむことが出来ます。

日本との深い関わり「泰緬鉄道」
ナムトック・サイヨーク・ノイ駅

太平洋戦争当時、旧日本軍による泰緬鉄道建設では強制労働に駆り出された多くの地域住民や連合国軍人捕虜が命を落とした悲しい歴史があります。映画「戦場に架ける橋」で有名になったクウェー川鉄橋や大量の死者を出したヘルファイアーパス観光のつながりでこの周辺は多くの外国人観光客が訪れています。サイヨーク・ノイ滝から徒歩3分くらいの場所にナムトック・サイヨーク・ノイ駅があります。元々、泰緬鉄道はここまで延びていましたが、現在は土日と祝日しか乗り入れていません。奥にはかつて使われていた蒸気機関車も展示されています。その横の階段を上ると小さな赤い神社2つと祠があります。慰霊碑にはタイ語、日本語、英語で「泰緬鉄道の犠牲者の霊に捧ぐ ここに『大東亜戦争の証人』が眠る ブーゲンビリアの花の咲くかぎり 私たちは、あなた方の平安を祈りつづけます」と記されています。美しい自然の中で、しばし歴史に思いを馳せることができる貴重なスポットです。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
映画『戦場にかける橋』の舞台 カンチャナブリ丸ごとツアー1日

zipangutravel.com

ベストシーズン

一番快適に過ごせるのは11月中旬からの約2カ月間です。乾季に入ってすぐのこの季節はタイにしては珍しく夜間にブランケットが欲しくなるくらいの涼しさです。その他の月は、高温多湿で蒸し暑い南国らしい気候です。3~5月は気温が最も高く、脱水症状を起こしがちです。こまめに水分補給をしましょう。6~10月の雨季には、大雨が降ると道路が冠水することがあります。滝遊びや川下りは、7〜9月がおすすめです。


  • 現地
  • バンコク
  • チェンマイ
  • プーケット
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:14.4392, 98.8508
  • 住所:Unnamed Road, Tambon Sai Yok, Amphoe Sai Yok, Chang Wat Kanchanaburi 71150, Thailand
首都
バンコク
面積
513,120km2
人口
6,855万人
言語
タイ語
公用語
タイ語
通貨名
バーツ、補助通貨サタン ※本サイトではTHBと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
AIS、Dtac、True Move
最寄り空港からのアクセス方法

【スワンナプーム空港からバンコク市内】
<エアポート・レール・リンク>
空港から終点パヤータイまで運行
所要時間:(パヤータイまで)26分
料金:45THB


<リムジンタクシー>
到着ロビーのカウンターで申込。
係員の案内に従いタクシーに乗車。
所要時間:40~60分
料金:950THB~ ※行き先により異なる


<メータータクシー>
ターミナル1Fのタクシー乗り場から乗車
所要時間:40~60分
料金:メーター300THB前後~
※空港使用料50THB、有料道路25~75THB別途


【バンコク市内からのアクセス】
<タクシーを利用>
所要時間:約3.5~4時間
料金:(片道)2300THB~


<バスを利用>
南バスターミナルからカンチャナブリー行きのバスに乗車
(所要時間:2~3時間、料金:110THB)
→カンチャナブリーバスターミナルからサイヨーク国立公園行きのバスに乗車
(所要時間:約2時間)


最寄り空港詳細

  • スワンナプーム空港 (BKK)
  • ドンムアン空港 (DMK)