横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
シンガポール

シンガポール植物園

(Singapore Botanic Garden)

概要

ガーデン・シティと称される緑豊かなシンガポールの中でも1859年に設立されたシンガポール最古の庭園がシンガポール植物園です。2015年にはシンガポール初の世界遺産に登録されました。約82ヘクタールの南北に細長い形をした広大な敷地には、60,000種類以上の植物が植えられています。2000種以上の交配種の蘭が展示された国立ラン園、数100種類の生姜が集められたジンジャー・ガーデン、植物の進化の歴史を辿りながら散策ができるエボリューション・ガーデンなど様々なテーマの庭園のほか、ガーデンショップやレストラン、博物館などの施設も充実しています。


シンガポール植物園HP
営業時間:5:00-24:00 ※施設により異なる
料金:無料 ※ただし国立ラン園は有料(5SGD)


見所ポイント

VIPに出会える国立ラン園
カラフルな蘭が咲き誇る国立ラン園の入口

シンガポールの中心部からほど近い場所に位置するシンガポール植物園は、観光客だけでなく、地元の人々もジョギングや散歩、ピクニックなどで訪れる憩いのスポットです。園内の大きな見どころの一つとなっているのが国立ラン園。屋外のラン園としては世界最大規模を誇っています。シンガポール植物園の中で唯一有料の施設ですが、広大な園内には1000種類以上の原種と2000種類以上の交配種が育てられていて、蘭研究の分野においては世界有数の機関として評価を受けています。園内には、シンガポールの国花であるバンダ・ミス・ジョアキムはもちろん、可憐なものからゴージャスなもの、珍種まで様々なタイプの蘭が咲き誇り、非常に見応えがあります。VIPオーキッド・ガーデンとセレブリティ・オーキッド・ガーデンでは、世界の著名人の名前が付けられた多くの蘭が見られます。シンガポールでは、新種の蘭の名前の後にシンガポールを訪問したVIPの人の名前を付ける習慣があり、これまで名前が付けられた著名人の数は200以上。例えば「レナンタンダ・アキヒト(Renantanda Akihito)」は、今上陛下が皇太子時代の1970年にシンガポール訪問を記念して名付けられた品種です。イギリス王室のウイリアム王子とキャサリン妃、故ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領、ジャッキー・チェンなど政府要人から王室貴族だけでなく、俳優などのセレブリティまで多岐に渡る著名人の名前が付けられた蘭があり、蘭の種類や花についてはそれほど関心がなくても、どのくらい知っている名前があるかを見て回るだけでも楽しめます。クールハウスは、冷涼な高地の熱帯雨林を再現していて、ハウス内はミストが噴射され、ひんやりとした空気に包まれています。高地にのみ自生する珍しい蘭やシダ植物のほかウツボカズラなどの食虫植物も見ることが出来ます。美しく手入れされた園内には、これらの他にも数多くの稀少種や色とりどりの蘭が咲いています。また入口には、お土産ショップがあり、シンガポール植物園限定のオリジナルグッズもあるので、ぜひ立ち寄って見て下さいね。国立ラン園の営業時間は8:30~19:00(最終入場18:00)、入場料は大人5SGD、13歳以上の学生と60歳以上は1SGD、12歳以下は無料です。

美しいショウガの花が咲くジンジャー・ガーデン
鮮やかな黄色のショウガの花

日本料理だけでなくアジア料理全般に欠かせないスパイスとして利用されるショウガ。私達が普段目にする食材としてのショウガは根の部分ですが、植物として生えているショウガを目にすることは少ないのではないでしょうか。ジンジャー・ガーデンは、その名の通りショウガにフォーカスした庭園です。1ヘクタールの園内には世界中から集められた数100種類以上のショウガが熱帯植物と共に植えられています。中には、驚くほどに色鮮やかで美しい花が咲いているショウガもあります。ジンジャー・ガーデンは、国立ラン園に隣接しているので、合わせて訪れてみて下さいね。またランチにおすすめなのが、ジンジャー・ガーデンに併設されている「ハリア・レストラン (Halia Restaurant)」。ハリアとはマレー語でショウガを意味します。シグネチャーメニューのショウガをふんだんに使った料理をはじめ、ローカルと西洋のフュージョン料理を楽しむことが出来ます。ランチタイムには2~3品のお得なセットメニューが用意されています。緑に囲まれた雰囲気のよいレストランで、ゆったりとした優雅なひと時を過ごせます。

無料で楽しめる一流のオーケストラ・コンサート
シンフォニー・レイクで行われるステージショー

シンガポール植物園には、国立ラン園やジンジャー・ガーデンの他にも様々なテーマを設けたスポットが点在しています。園内にはスワン・レイク、シンフォニー・レイク、エコ・レイクの3つの湖があり、ピクニックを楽しむ人々で賑わっています。「シンフォニー・レイク」では、湖の上にステージが設置されていて、週末の夜を中心に定期的にシンガポール交響楽団などの無料の野外コンサートが開催されています。クラッシック音楽だけでなく話題の楽曲演奏もあり、コンサートが開かれる日には、湖の周りの芝生には多くの観客が集まりピクニックシートを広げて演奏を楽しんでいます。緑と水に囲まれた開放的な空間で思い出に残る素敵なひと時を過ごせます。もしシンガポール滞在中にコンサートの開催があれば、ぜひ出かけてみてくださいね。この無料コンサートは、大変人気があり混雑するため、時間に余裕を持って出かけ、早めに場所の確保をすることをオススメします。

シンガポール植物園の歩みと世界遺産登録
植物園のロゴに使われているシーリングワックスパーム

シンガポール植物園の歴史は古く、1822年にシンガポール創設者のトマス・スタンフォード・ラッフルズが植物学者らと共に、フォート・カニング・ヒルに試験的に熱帯植物を栽培する実験植物園を設立しました。これがシンガポール植物園の前身となります。その後、イギリス植民地政府から土地を与えられた農園園芸協会が、1859年にイギリス式の庭園や公園のスタイルを取り入れたシンガポール植物園を正式に開園しました。シンガポール植物園は、開園から現在に至るまで植物や園芸などの研究機関として第一線で活躍し、都市化が進むシンガポールの緑化を進めるガーデン・シティのプロジェクトを維持する重要な役割を担っています。

世界遺産の登録のきっかけの一つとなったのが1877年にイギリスのキュー植物園から提供されたゴムの木の苗木。持続可能な方法でゴムの樹液を採取する技術を研究開発したのが、シンガポール植物園だったのです。その後、700万本に及ぶゴムの木の苗木が周辺地域に供給され、東南アジアのゴム産業の基礎を築き、自動車や航空などの近代産業の目覚ましい発展につながりました。これらの功績が認められ、シンガポール植物園はシンガポール誕生50周年となる2015年にシンガポールで初めてユネスコの世界遺産に登録されました。発展し続ける近代都市の印象が強いシンガポールですが、世界遺産に登録されたことをきっかけに、豊かな自然と共存するシンガポールの新たな魅力を発見することができるでしょう。

シンガポール植物園にはMRTボタニック・ガーデンズ駅が最寄りにありますが、園内は広大で場所によってはかなり歩くことになるのでタクシーで向かうのがおすすめです。タクシーで向かう場合は園内の具体的な場所を伝えれば、最寄りの入口まで連れて行ってもらえます。オーチャード付近からはタクシーで5~10分、5SGD前後でアクセス出来ます。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
シンガポール市内観光+世界遺産シンガポール植物園4.5時間

veltra.com

乗り降り自由!シンガポール市内観光オープントップバス1日

veltra.com

【シンガポール半日観光ツアー】6.5時間

veltra.com

ベストシーズン

シンガポールは、赤道直下にあるため、1年を通して平均最高気温31度前後、平均最低気温25度前後の四季の変化のない常夏の気候です。雨季と乾季に分かれていて、11月~3月頃までは降水量が多くなります。乾季は雨季に比べると降水量は減りますが、スコールは一年中降ります。雨が降った後は、多少涼しくなり過ごしやすくなります。観光のベストシーズンは、特になく一年を通して楽しめますが、日差しが強いので帽子やサングラス、日焼け止めは用意しておいた方がよいでしょう。また屋内は冷房が強く効いているので羽織ものが一枚あると便利です。


  • 現地
  • シンガポール
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:1.3165, 103.8173
  • 住所:1B Cluny Rd, Singapore 259598
首都
シンガポール
面積
697 km2
人口
540万人 2013年9月
言語
英語、中国語、マレー語、タミール語
公用語
英語、国語はマレー語
通貨名
シンガポールドル、シンガポールセント ※本サイトではSGDと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
SingTel、StarHub、M1
最寄り空港からのアクセス方法

【シンガポール・チャンギ国際空港から市内】
<空港シャトルを利用>
空港から市内のホテルまで運行


所要時間:約30分
料金:9SGD


<MRTを利用>
空港駅からEast West Line(2駅先のタナメラ駅行き)に乗車→市内中心部へはタナメラ駅で乗換え


所要時間:30~60分
料金:2.30SGD~


<タクシーを利用>


所要時間:約30分
目安料金:20~30SGD


【市内からのアクセス】
・MRT(Downtown Line)ボタニック・ガーデンズ駅からすぐ


最寄り空港詳細

  • シンガポール・チャンギ国際空港 (SIN)