横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
シンガポール

シンガポール・フライヤー

(Singapore Flyer)

概要

シンガポール・プライヤーは、マリーナエリアに2008年に完成した高さ165mを誇るアジア最大級の観覧車です。観覧車の各ゴンドラの定員は28人と巨大で、約30分かけて1周します。シンガポール・プライヤーからは、マリーナ・ベイやシンガポールの街並みはもちろんのこと、空港やセントーサ島、天気のよい日にはその先の島々までも見渡すことができます。エアコン付きの広いゴンドラ内部は、前後左右がガラス張りで360度のパノラマを快適に楽しむこと出来ます。


シンガポール・フライヤーHP
営業時間:8:30-22:00


見所ポイント

シンガポールの最高の眺めを堪能できる大観覧車
シンガポール・フライヤー最高点からの眺め

マリーナ地区に堂々と建つシンガポール・フライヤーは、シンガポールを代表する人気の観光アトラクションの一つです。日本人建築家の故黒川紀章氏とシンガポールのDP Architects社が設計を手がけたこの大観覧車は、2008年の完成当時は世界最大の観覧車でした。2014年にアメリカ、ラスベガスにオープンしたハイ・ローラーに世界一の座は明け渡しましたが、現在もアジア最大級の大きさを誇っています。
シンガポール・フライヤーの魅力は、何と言ってもその眺め。シンガポールの繁栄の象徴とも言えるマリーナ地区とシェントン・ウェイの摩天楼を同時に楽しめるのはシンガポール・フライヤーならでは。シンガポールには高層ビルの展望スポットが数多くありますが、マリーナ・ベイ・サンズとシティの高層ビル群は、マリーナ・ベイを挟んで対岸にあるため、どちらか一方から眺めることがほとんどなのです。
巨大な観覧車のゴンドラ(カプセル)は、全面ガラス張りの洗練されたデザインで縦7m、横4m、定員はなんと28人という大きさです。またシンガポール・フライヤーには、風水が取り入れられていて、28個のゴンドラに定員28人というこの“28”という数字は、中国の風水で成功を意味する縁起のよい数字です。さらにこの観覧車の立地や海の方に向かって回転することも風水に基づいていて、富を象徴する水をシンガポールへ取り込むことを意味していると言われています。

シンガポール・フライヤーに乗ってみよう
28人乗りのゴンドラ内部

シンガポール・フライヤーの最も一般的な乗車チケットが「シンガポール・フライト」です。1階でチケットを購入後、まずは空港のようなセキュリティーチェックを通過します。ゴンドラ乗り場に向かう途中には、展示ギャラリー「ジャーニー・オブ・ドリームス」があります。映像や体験型の展示物を通してシンガポール・フライヤーの構造やデザインのほか、シンガポールの歴史などを知ることができるアトラクション型のギャラリーです。ユニークなオブジェやグラフィック、カラフルな照明などを使ったその展示の充実ぶりはついつい時間を忘れて見入ってしまうほど。シンガポール・フライヤーの乗車券に「ジャーニー・オブ・ドリームス」の入場も含まれているので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。ゴンドラ乗り場に行くまでも宇宙船の中にいるような近未来的な通路が続いていて、ワクワクと胸が高まります。カプセル型のゴンドラ内はとても広く、前後左右がガラス張りで、シンガポールの絶景を360度余すところなく見渡せるようになっています。30分かけて1周するゴンドラ内部は、快適に過ごせるように様々な工夫がされています。上部に設置されたモニターには、シンガポールの町や観光スポットの解説が映し出されます。この解説は日本語字幕もあるのが嬉しいところ。エアコンやUVカット機能も備えられているので、シンガポールの強い日差しの中でも快適です。中央にはベンチが置かれていて、心地よいBGMも流れているので、リラックスした雰囲気の中、景色を存分に楽しむことができます。ゴンドラが空に向かって動き出すと、まずはじめに東側の景色が見えてきます。およそ15分でゴンドラは高さ165mの頂上に達します。マリーナ・ベイ・サンズ、ハスの花の形をしたアートサイエンス・ミュージアム、ドリアンの愛称で親しまれているエスプラネードシアターなどマリーナ地区を代表する建築物の数々やシェントン・ウェイの摩天楼を同時に楽しむことが出来ます。さらに天気のいい日には、インドネシアの島々やマレーシア国境のジョホール海峡を船が行き交う様子まで見渡せます。1周する間に異なる目線でシンガポールの街並みを楽しめ、また昼間に見る明るく賑やかな街並み、夕日に照らされて町が赤く染まる様子、宝石を散りばめたような煌めく夜景と時間によっても異なる表情を見せてくれます。

プレミアムな楽しみ方いろいろ
マリーナベイと高層ビルが建ち並ぶシティの夜景

シンガポール・フライヤーは、一般的な観覧車のように乗車するだけの「シンガポール・フライト」の他にも、観覧車に乗りながらお酒や食事を楽しめるというユニークなプランがあるのです。「シンガポール・スリング・フライト」は、シンガポール生まれのカクテル「シンガポール・スリング」を飲みながら乗車できるというもの。このプランでは優先搭乗と空きがあればVIPカプセルへの乗車も可能です。「プレミアム・シャンパン・フライト」は、極上のシャンパンとチョコレートが提供され、もちろん優先搭乗もできます。「プレミアム・スカイ・ダイニング・フライト」は、夜景を眺めながら食事が楽しめてしまうというなんとも贅沢なディナープランです。4品のコース料理は西洋料理、中華料理、ベジタリアン料理から選択でき、2周の1時間をかけて景色と食事を堪能することが出来ます。因みに観覧車内で食事ができるのは、シンガポール・フライヤーが世界初なのだとか。これらのプランは乗車時間や人数が限られているので、予め時間の確認と予約をしておきましょう。また一度乗ってしまうと途中で降りることが出来ないので、乗車前にトイレを済ませることもお忘れなく。シンガポールの夜景を楽しみながらお酒や食事が楽しめるロマンチックな体験は、忘れられない最高の思い出になること間違いなしです。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
【凝縮ツアー】オープントップバス+マリーナ・ベイ・サンズ+マーライオン+クルーズ+二大"光のショー"観賞1日

veltra.com

世界一高い観覧車「シンガポールフライヤー」でのフルコースディナー! スカイダイニング 優先乗車付!1.5時間

veltra.com

【シンガポール半日観光ツアー】"シンガポール・フライヤー"に優先乗車!6.5時間

veltra.com

ベストシーズン

シンガポールは、赤道直下にあるため、1年を通して平均最高気温31度前後、平均最低気温25度前後の四季の変化のない常夏の気候です。雨季と乾季に分かれていて、11月~3月頃までは降水量が多くなります。乾季は雨季に比べると降水量は減りますが、スコールは一年中降ります。雨が降った後は、多少涼しくなり過ごしやすくなります。観光のベストシーズンは、特になく一年を通して楽しめますが、日差しが強いので帽子やサングラス、日焼け止めは用意しておいた方がよいでしょう。また屋内は冷房が強く効いているので羽織ものが一枚あると便利です。


  • 現地
  • シンガポール
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:1.2895, 103.8632
  • 住所:30 Raffles Ave, Singapore Flyer, Singapore 039803
首都
シンガポール
面積
697 km2
人口
540万人 2013年9月
言語
英語、中国語、マレー語、タミール語
公用語
英語、国語はマレー語
通貨名
シンガポールドル、シンガポールセント ※本サイトではSGDと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
SingTel、StarHub、M1
最寄り空港からのアクセス方法

<MRTを利用>
空港駅からEast West Lineに乗車→タナメラ駅→ブギス駅→Downtown Lineに乗換え→プロムナード駅下車→徒歩約5分


所要時間:約1時間
料金:2.30SGD


<タクシーを利用>


所要時間:約30分
目安料金:20~30SGD


最寄り空港詳細

  • シンガポール・チャンギ国際空港 (SIN)