横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ノルウェー

ソグネフィヨルド

(Sognefjord)

概要

ソグネフィヨルドは、ノルウェー観光のハイライトとなる5大フィヨルドの一つで、長さ204km、最深部は1300m以上にもなるノルウェーで最大のスケールを誇るフィヨルドです。また5大フィヨルドの中で1年を通して観光ができる唯一のフィヨルドです。ノルウェー国鉄の最高傑作と言われる山岳鉄道のフロム鉄道、ソグネフィヨルドの支流で世界遺産に登録されているネーロイフィヨルドのクルーズなど変化に富んだ雄大な自然を楽しめます。


見所ポイント

変化に富んだ自然が楽しめるソグネフィヨルド
フィヨルドに佇む人口約130人のウンドレダール村

ノルウェーで最長、世界でも第2の長さを誇るソグネフィヨルドは、フィヨルドだけでなく、山や渓谷、川や滝、氷河、フィヨルドに囲まれた小さな村々などの見どころが満載です。観光フェリーでのクルーズの他にも、鉄道やバスを利用して変化に富んだ旅を楽しむことができます。フィヨルド観光のベストシーズンは、最も気候の安定した夏ですが、ソグネフィヨルドは1年を通して観光できるノルウェーで唯一のフィヨルド。夏の観光シーズンには世界中からの旅行者で混雑するので、観光フェリーや交通機関、宿泊先などは早めに押さえておく必要があります。逆に9月後半からは、旅行者も減り、ゆったりと観光を楽しむことができます。冬は、厳しい寒さとなりますが、一面に銀世界が広がり、夏とは異なる幻想的な景色を楽しめます。
ノルウェーのフィヨルド観光は、フィヨドルクルーズの発着地点にバスや鉄道などの公共交通機関がうまく接続しているので、個人旅行でもスケジュールが立てやすいのが特徴です。しかし、限られた日数でフィヨルド観光をするには、ベルゲンやオスロを起点として、現地発着のツアーやナットシェルと呼ばれる周遊チケットを利用した王道コースがオススメです。ナットシェルは、鉄道、バスなどの公共交通機関とフィヨルドの観光フェリーの乗車券がセットになったもので、移動は各自で行うというもの。ルートは決まっていますが、発着地点や片道/周遊の選択、途中で宿泊を組み込むなどセミオーダーの旅程を組むことができます。また、ソグネフィヨルドのナットシェルのルートは、クルーズだけでなく、バスや列車の移動時も絶景も見逃せません。より自由度の高い旅を楽しむならレンタカーで回るのもよいでしょう。フィヨルドの海岸線の絶景ドライブを楽しみながら、気になった場所に気軽に立ち寄れるのが車旅の大きな魅力です。

世界遺産ネーロイフィヨルドのクルーズ
印象的な景観が続くネーロイフィヨルドのクルーズ

フィヨルド観光の目玉と言えば、何といってもフィヨルドクルーズ。ソグネフィヨルドのクルーズで最も人気なのが、フロム~グドヴァンゲルを発着地点としたソグネフィヨルドの支流アウルランドフィヨルド~ネーロイフィヨルドの約2時間のクルーズです。ネーロイフィヨルドは、2005年にガイランゲルフィヨルドとともにユネスコ世界遺産に登録されており、ソグネフィヨルドの中でも最も美しく印象的なフィヨルドの景観を楽しめる場所として人気があります。標高1800mの険しい山に囲まれており、全長17km、狭い場所では横幅250mと、このエリアでは最も狭いフィヨルドで、両脇から迫りくる断崖の迫力ある絶景を堪能できます。途中、岩肌を雪解け水が流れる滝がいくつも見られ、特にサーグ滝は、落差600mのネーロイフィヨルド最大の滝で必見です。サーグとは、ノコギリと言う意味を持ち、その名の通りノコギリの刃のようにジグザグになった岩肌を大量の水が流れ落ちる様子は圧巻です。フィヨルド沿いには小さな村もいくつかあり、その佇まいは、まるで絵本の世界から飛び出してきたような光景です。
2016年には、このフロム~グドヴァンゲル間のフィヨルドクルーズは、最新のテクノロジーとデザインを採用した新型の観光フェリー「Vision of the Fjords」の運航が開始されました。船内からも雄大な景色を楽しめる大きなガラス窓に、環境に配慮したエコ技術が搭載されています。この新型フェリーでフィヨルドクルーズをする場合はチケット予約の際にプレミアム・フィヨルドクルーズを選択しましょう。従来の旧型(クラシック)のフェリーも引き続き運行されており、新型フェリーよりもリーズナブルな価格設定となっています。季節によって運行本数や時間は異なりますが、好みやスケジュールに応じて選択できます。

つづら折りの山道が続くスタルハイム渓谷
氷河に削られてできたスタルハイム渓谷

ソグネフィヨルドのクルーズの発着地点となるフロムやグドヴァンゲルまでの陸路の移動も山や渓谷の絶景が続く見逃せない道のりです。ネーロイフィヨルドの入り江の村グドヴァンゲルと鉄道ヴォス駅は、バスで70分ほどの道のりで、途中のスタルハイム渓谷では、山の斜面に敷かれたつづら折りの険しい山岳道路を通過します。スタルハイム渓谷は、氷河によって削られてできた渓谷で、頂上付近からの眺めは、絶景の多いノルウェーの中でも屈指の素晴らしさ。その壮大な景観には思わず言葉を失います。撮影ポイントでは、バスの運転手が気を利かせて停車してくれることもありますので、シャッターチャンスはお見逃しなく。山肌を滝となって流れ落ちる雪解け水は、スタルハイム渓谷の底の川を流れ、ネーロイフィヨルドに注がれています。

絶景が続く山岳鉄道・フロム鉄道
山岳地帯を走るフロム鉄道の列車

ソグネフィヨルドのクルーズのもう一つの発着点となフロムとミュルダールを結ぶフロム鉄道も大きなハイライト。フロム鉄道は、標高差約865mをわずか20kmの走行距離で結ぶ山岳鉄道です。約1時間という短い旅路ですが、車窓からは息を呑むような絶景が続く、ノルウェー屈指の人気を誇る観光路線です。いくつもの急カーブと20のトンネルを通り抜けながら、急勾配を進んで行きます。途中、ショースの滝では、列車は5分ほど停車し、乗客は外に出て写真撮影をすることができます。ショースの滝は、フロム鉄道でしか見に行くことができない滝で、フロム鉄道の見どころの一つとなっています。雪解け水の多い夏には、迫力ある滝を間近で見られます。一方、冬季は雪が降り積もり滝も凍結し、ノルウェーの自然の厳しさを実感できます。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
ソグネ・ハダンゲル 2大フィヨルド観光 1泊2日2日

tumlare.co.jp

「ノルウェー・ナットシェル」周遊チケット<ベルゲン発/オスロ発>1日

veltra.com

ベストシーズン

ソグネフィヨルドの観光は、1年を通して四季折々の自然を楽しめますが、ベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。緯度が高いため夏季の日照時間が長く、観光に十分な時間をとることができます。しかし、夏でもフィヨルドの観光フェリーでは風が冷たく感じられ、朝晩も気温が下がるので、防寒着が必要となります。


  • 現地
  • オスロ
  • ベルゲン
  • フロム
  • トロムソ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:60.8811, 6.8420
  • 住所:Fv241 240, 5747 Gudvangen, Norway
首都
オスロ
面積
323,802 (km2)
人口
525万人 2016年
言語
ノルウェー語
公用語
ノルウェー語
通貨名
ノルウェー・クローネ ※本サイトではNOKと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Telenor、Telia、Ice.net
最寄り空港からのアクセス方法

【ベルゲン空港~ベルゲン市内】
<空港バス>
ベルゲン中心部を経由して終点ブリッゲン地区まで運行
所要時間:約25分
料金105NOK


参考サイト:flybussen.no


<トラム(ライト・レイル)>
バイパルケン(Byparken)まで運行
所要時間:約45分
料金:37NOK(車内購入は60NOK)


参考サイト:skyss.no


【ベルゲンからグドヴァンゲン】
ベルゲン駅からミュルダール行きの列車に乗車→ヴォス駅下車→グドヴァンゲン行きのバスに乗り換え→グドヴァンゲン下車
所要時間:約2.5時間


最寄り空港詳細

  • ベルゲン空港 (BGO)