横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ベルギー

ストックレー邸

(Stoclet House)

概要

ストックレー邸は、ブリュッセルにあるベルギーの銀行家アドルフ・ストックレーの邸宅で、2009年にユネスコの世界遺産に登録されました。オーストリアの建築家ヨーゼフ・ホフマンの設計により1905年から1911年にかけて建設され、外観は大理石を使用した直線的ですっきりとしたデザインです。20世紀初頭に発達した内装や外装、家具・日用品、庭園など全てが密接に関わりあるものとして捉える総合芸術が体現されており、アール・ヌーヴォー様式が全盛期だった時代において、モダニズム建築の先駆けとなった建物です。


見所ポイント

時代を先取りしたストックレー邸の建設秘話
テルヴュラン通りから見たストックレー邸の外観

ストックレー邸は、ブリュッセル東部、ヴォルヴェ公園にほど近いテルヴュラン通り沿いに位置しています。銀行家で美術コレクターだったアドルフ・ストックレーは、自身の邸宅の建築をウィーン分離派の中心メンバーだった建築家ヨーゼフ・ホフマンに依頼しました。ストックレーは、建築に際してデザイン面も金銭面も制約を設けることなく、全てを芸術家たちに委任しました。そのため、ストックレーは邸宅の建設にいくらかかったかすら知らないという逸話も残されています。

ストックレー邸には、直線的な装飾を用いたウィーン分離派の特徴がよく表れており、建築史上に残るホフマンの代表作となりました。ホフマンは、住宅や庭園、インテリア、家具をはじめ、日用品に至るまで全てが密接に関わり合う総合芸術作品を目指し、後年流行したアール・デコにも通じる直線的で幾何学的な装飾が特徴です。内装は主にグスタフ・クリムトとフェルナン・クノップフにより手がけられました。こうしてホフマン指揮のもと、前衛的な芸術家たちにより、建設開始から6年後の1911年に邸宅と庭園が完成しました。この単純化された幾何学的なデザインは、曲線を多用したアール・ヌーヴォーからの転換点として大きな注目を集めました。外観はもちろん、当時制作された設備や内装、家具、調度品などが良好な状態のまま今でも残されており、それら全ての要素を含めて2009年にユネスコの世界遺産に登録されました。

法廷争いにまで発展した文化遺産の管理の難しさ
屋根の上を飾る銅像

1949年にアドルフ・ストックレーが死去すると、ストックレー邸は、義理の娘アニー・ストックレーに相続されました。1976年に史跡となった後も、アニーは2002年に亡くなるまでここで暮らしました。その後、ストックレー邸はアニーの娘4人に引き継がれましたが、4人の内、3人が遺産を処分することを望み、その所有権を巡りブリュッセル当局と法廷で争う事態となりました。結局裁判所は、本来の目的の通り、家具や調度品など全てを含めた建物を芸術作品として保存することを決定しました。

2009年に世界遺産に登録されると、世界中の建築ファンの関心を引きつけるようになりましたが、残念ながら、私邸のため今のところ一般公開はされておらず、内部を見学することはできません。

ストックレー邸は、外観はもちろんインテリア、庭園、家具に至るまで全てが揃って完成する総合芸術と言われているため、本当の素晴らしさを味わうには内部も見る必要があります。いつの日か一般公開されること期待したいところです。

モダニズム建築の先駆けとなったストックレー邸の外観
フランツ・メツナー作の4人の男性像が印象的な塔

ストックレー邸の内部の見学はできませんが、その外観だけでも十分に見る価値はあります。誰でも見ることができるのは、テルヴュラン通りに面した側面のみ。外壁は、大理石がふんだんに使用されており、青銅で縁取りした立方体を組み合わせたような直線的で非対称的なデザインが特徴です。建物自体も大きく、私邸と言うよりは博物館のような佇まい。道路に面した門から玄関までは屋根付きの通路で結ばれています。もちろん門は閉じられており中に入ることはできません。都会的でシンプルな外観ですが、先端にフランツ・メツナー作の4人の男性の銅像が据えられた階段室の上の塔が印象的です。彫刻作品のように綺麗に剪定された植え込みもモダンな建物を一層引き立てています。外から見学できるのは、ここまでですが、反対側は庭園に面しており、テラスがある2つの対照的な突出部分が、建物から庭園へ幾何学的な導線を繋ぐ役割を果たしています。建物をはじめ、庭園の植物、散歩道、池、噴水の受水盤、鉢など現在も保存状態がよく、それら全てが一体感のある芸術美を作り出しています。

細部までこだわりの詰まったインテリア
クリムトの素描に基づいて制作されたダイニングのモザイク画

ストックレー邸の魅力は、そのモダンな外観だけではありません。芸術性の高い装飾や調度品、家具を含めたインテリアと庭園も含め全てが芸術作品と言われています。中でもダイニングの壁のモザイク画は有名です。渦巻く生命の木と女性の立ち姿、そして抱きしめ合うカップルの姿が描かれたこのモザイク画は、クリムトの素描に基づいて構想され、レオポルト・フォルシュトナーによって大理石やガラス、貴石などを使用して制作されました。

ストックレー邸には、かつて多くの芸術家たちも常連で訪れていました。ホフマンによりデザインされた芳名録には、ジャン・コクトー、アナトール・フランス、サシャ・ギトリといった名だたる芸術界の著名人の名前が並んでいたと言われています。

ブリュッセルで近代建築巡り
世界遺産に登録されているオルタ邸の外観

ブリュッセルは、見どころが多い観光地で、中世以降の歴史的建築物だけでなく、アール・ヌーヴォー建築の宝庫としても知られています。アール・ヌーヴォー建築の父と呼ばれる建築家ヴィクトル・オルタが手がけた世界遺産の邸宅4軒をはじめ、ブリュッセル中央駅やベルギー漫画センター(旧ウォーケーズ百貨店)など彼の建築作品は、今でもブリュッセルに多く残っています。また、アール・デコ建築を代表するダヴィッド&アリス・ヴァン・ビューレン博物館も興味深く、近代の有名建築といったテーマに絞って、ストックレー邸と合わせて訪れてみるのもオススメです。19世紀末から20世紀前半にかけてアール・ヌーヴォーからアール・デコといった近代建築の様式の変遷を辿る建築巡りも楽しい観光となるでしょう。それらを比べてみれば、アール・ヌーヴォー全盛だった時代にストックレー邸がいかに前衛的だったか感じることができます。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
見どころをぐるり!ブリュッセル市内観光ツアー<毎日催行/午前/英語>3時間

veltra.com

【観光フリーパス】ブリュッセル・カード<24時間、48時間、72時間>-

veltra.com

ベストシーズン

ベルギーには、四季があり、観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。夏季は日照時間が長く、夜10時頃まで明るいので観光に十分時間を取ることができます。一方、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • ブリュッセル
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:50.8352, 4.4162
  • 住所:Stocletpaleis, 1150 Sint-Pieters-Woluwe, Belgium
首都
ブリュッセル
面積
30,528 (km2)
人口
1,135万人 2017年
言語
オランダ語(フラマン語)、フランス語、ドイツ語
公用語
オランダ語(フラマン語)、フランス語、ドイツ語
通貨名
ユーロ 補助通貨はセント ※本サイトではEURと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Proximus、Orange、BASE
最寄り空港からのアクセス方法

【ブリュッセル空港から市内】
<電車>
所要時間:(ブリュッセル中央駅)21分
料金:9EUR


<バス>
(ブリュッセル北駅方面)
De Lijnの272、471番バス
所要時間:約40分
料金:3EUR


(ヨーロピアン・クオーター方面)
STIB Airport Lineの12番、平日夜間と土日は21番
所要時間:約30分
料金:(券売機)4.50EUR(車内)6EUR


<タクシー>
メーター制
所要時間:(市内中心部)20~30分
目安料金:45EUR前後


【ブリュッセル市内からのアクセス】
地下鉄1号線Montgomery駅から徒歩10分


(2019年2月現在)


最寄り空港詳細

  • ブリュッセル空港 (BRU)