横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
フィンランド

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(フィンランド)

(Struve Geodetic Arc, Finland)

概要

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点は、19世紀に天文学者フリードリヒ・フォン・シュトゥルーヴェが中心となって、子午線弧長の三角測量を行うために設置された観測地点群です。観測地点は、北端ノルウェーのハンメルフェストから南端ウクライナのスタラ・ネクラシウカまで10カ国265地点にも及びます。これらの観測地点は地球の大きさや形状を正確に測ることに多大な貢献をしたことが評価され、2005年にその内の34ヶ所がユネスコの世界遺産に登録され、フィンランドには6ヶ所あります。


見所ポイント

地球科学の発展に貢献した壮大な世界遺産
エストニアのタルトゥ天文台前に建つシュトゥルーヴェ記念碑

シュトゥルーヴェの三角測量は、1816年から1855年の39年間もの長期間に渡り、ノルウェーのハンメルフェストからウクライナの黒海近くのスタラ・ネクラシウカまで全長2820km以上にも及びました。この調査は、歴史上初めて長距離に渡って1経線を正確に測量し、その後の地球科学や正確な地形図作成の発展に大きく貢献しました。また、国を越えた科学者や君主が協力して科学の発展に寄与した巨大なプロジェクトとしても高く評価されています。

三角測量法は、16世紀に開発され、1980年代に衛星測位システムが登場するまでは大規模な精密測量法として長い間用いられてきました。シュトゥルーヴェの三角測量も実際の数値とほとんど誤差のない正確な測量だったことが衛星測位システムの登場で立証されています。

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群は、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、ロシア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ベラルーシ、モルドバ、ウクライナの10カ国にもまたがる珍しい世界遺産ですが、観測地点が設置された19世紀当時は、スウェーデン・ノルウェーとロシア帝国のわずか2カ国にまたがっているに過ぎませんでした。しかし、その後200年足らずで新たな国家が多く誕生し、歴史の変遷も同時に感じられます。

冒険心がくすぐられるシュトゥルーヴェの観測地点
オラヴィヴオリ観測地点へ向かうトレイル

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点は、ハンメルフェストのように立派なモニュメントが建てられているスポットもありますが、大半は十字などの印が付けられた岩や石が積み重ねられたケルンがあるのみの簡素なスポットです。そのため、他の多くの世界遺産のようにそれ自体を目で見て楽しめるスポットではありません。世界遺産登録後に案内板や石碑が建てられているものの、険しい山中にあるところも多く、近隣の地元住民やこれらの場所を訪れる一部の観光客を除くとその存在すら知られていないことが多く、世界遺産としてはかなり地味なスポットです。また、調査当時は、今ほど道も発展していなかったため、調査員たちは、徒歩やスキー、馬、トナカイ、ボートを利用するなど困難を極めていたのだとか。しかし、その分、周辺は豊かな自然が広がっている場所が多く、ありのままの自然景観を楽しむことができます。ハイキングをしながら宝探し感覚でこれらの測量地点を訪れてみるのもよいでしょう。

現存する建物が利用された珍しい測量地点「アラトルニオ教会」
ネオ・クラシカル様式のアラトルニオ教会の外観

フィンランドでは、83カ所の地点で調査が行われ、その内のエノンテキオのストゥオラハノアイヴィ(Stuorrahanoaivi)、ユルトルニオのアーヴァサクサ(Aavasaksa)、トルニオのアラトルニオ教会(Alatornio Church)、コルピラハティのオラヴィヴオリ(Oravivuori)、ラピンヤルヴィのトルニカリッオ(Tornikallio)、ピュフター諸島のムスタヴィーリ(Mustaviiri)の6ヶ所が世界遺産として登録されています。

その中でも観光で訪れやすいのが、スウェーデンとの国境の町トルニオにあるアラトルニオ教会。現在見られるイエローのネオ・クラシカル様式の建物は1797年に建てられたもので、測量に使用された教会の塔は、高さがあり、三角測量に適していました。

この地の教会の歴史は古く、13世紀~14世紀初頭には、木製の教会がすぐ近くに建てられていたと考えられています。その後、15~16世紀に石造り教会が建てられ、現在も教会の東側にその一部が残っています。中世の時代には、スカンジナビア半島で最北の教会の一つだったと言われています。建立当初は、カトリック教の教会でしたが、現在は改宗され、福音ルーテル派の教会として利用されています。

美しい景色が自慢のオラヴィヴオリ観測地点
オラヴィヴオリの展望台からの眺め

フィンランド中部に位置するコルピラハティのオラヴィヴオリ観測地点は、フィンランドで2番目に大きいパイエンネ湖畔の小高い丘の頂上に位置しています。フィンランドのシュトゥルーヴェの観測地点の中では、ビュースポットとして有名です。頂上には、木製の展望台が設置されていて、パイエンネ湖と森が広がるフィンランドらしい美しい自然景観を見渡すことができます。麓の駐車場から頂上までは約1kmの急な山道が続いてます。足場の悪い場所には、木製の階段が設置されていますが、滑りにくい靴で訪れることをオススメします。

ラピンヤルヴィのトルニカリッオ観測点は、ピュハ湖に面した岩山の頂上にあり、ピュハ湖の壮大な景色を眺めることができます。岩の斜面は険しく滑りやすいので、登る際には足元には十分注意が必要です。

国立公園や自然保護区内に残る測量地点
アーヴァサクサの丘から見た眺め

ストゥオラハノアイヴィ、アーヴァサクサ、ムスタヴィーリは、国立公園や自然保護区内に位置しています。ストゥオラハノアイヴィは、ノルウェーとの国境近くの荒野が広がる自然保護区内に位置しています。道路などは一切通じておらず、ハイキングのみでしかアクセスできないポイントで観光で訪れるには難易度の高いスポットです。

アーヴァサクサの観測地点は、小高い丘の頂上にあり、1969年にその場所に展望塔が建設されました。眼下には、トルネ川やその先に広がるスウェーデンの森林地帯を見晴らすことができます。また、白夜の時期には、真夜中の太陽が見られるスポットとしても人気があります。アーヴァサクサまでは、車でアクセスすることができます。

ムスタヴィーリは、フィンランド湾国立公園に指定されているピュフター諸島の小さな島で、フィンランド最南端の世界遺産スポットです。観測地点には、岩盤にマッチ箱程度の小さな穴が掘られています。島までボートで行き、その後徒歩でアクセスすることができます。

ベストシーズン

観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。緯度が高いため夏季の日照時間が長く、観光に十分な時間をとることができます。夏でも朝晩は気温が下がるので、長袖の羽織りものがあった方がよいでしょう。メキシコ湾流の影響で高緯度の割には温暖ですが、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • ヘルシンキ
  • ロヴァニエミ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:65.8299, 24.1564
  • 住所:Kirkonmäentie 85, 95450 Tornio, Finland
首都
ヘルシンキ
面積
338,400 (km2)
人口
550万人 2017年
言語
フィンランド語、スウェーデン語
公用語
フィンランド語、スウェーデン語
通貨名
ユーロ 補助通貨はセント ※本サイトではEURと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Telia、Elisa、DNA
最寄り空港からのアクセス方法

【ケミ・トルニオ空港からトルニオ市内】
<シャトルタクシー>
所要時間:約20分
目安料金:25EUR~


<バス>
空港の敷地の外の大通り(926号線)のバス停Korjaamontieからトルニオ行きに乗車
所要時間:約30分
料金:6EUR


参考サイト:matkahuolto.fi


※トルニオ中心部からアラトルニオ教会観測地点まで車で約5分


(2018年11月現在)


最寄り空港詳細

  • ケミ・トルニオ空港 (KEM)