横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ノルウェー

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(ノルウェー)

(Struve Geodetic Arc, Norway)

概要

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群は、19世紀に天文学者フリードリヒ・フォン・シュトゥルーヴェが経線を長距離に渡り三角測量を行った地点のことです。測量地点は、北端ノルウェーのハンメルフェストから南端ウクライナのスタラ・ネクラシウカまで10ヶ国265地点にも及び、その内34か所がユネスコ世界遺産に登録されました。ノルウェーでは、ハンメルフェスト、アルタ、カウトケイノ(2ヵ所)の合計4か所が登録されていて、北端のハンメルフェストには、記念碑が設置されています。


見所ポイント

10ヶ国にまたがる珍しい世界遺産
ハンメルフェストの測量地点にあるモニュメント

1816年~1855年にかけて天文学者シュトゥルーヴェ指揮のもと、複数の科学者によって史上初めて経線を正確に測量した三角点(観測地点)群は、全長2820km以上、265ヶ所にも及びます。この調査は地球の大きさや形状を計測する上で大きな一歩となり、後の地球科学と地形図作成の発展に大きく貢献しました。16世紀に開発された三角測量法は、1980年代に衛星測位システムが登場するまでは、大規模精密測量法として用いられてきました。シュトゥルーヴェの測量も実際の数値と数cmしか誤差がなかったことが衛星測位システムの登場で証明されています。また、この測量は、国を超えた科学者や君主が協力をして科学の発展に寄与した稀な例となっています。当時設置された265ヶ所の測量地点の内、34か所が2005年にユネスコの世界遺産に登録されました。現在は、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、ロシア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ベラルーシ、モルドバ、ウクライナの10ヶ国にまたがる珍しい世界遺産となっていますが、測量地点が設置された19世紀当時はスウェーデン・ノルウェーとロシア帝国のわずか2ヵ国にまたがっているに過ぎませんでした。200年足らずで、新たな国が誕生しており、歴史の変遷も同時に感じられます。

シュトゥルーヴェの北端の測量地点ハンメルフェスト
ハンメルフェストの測量地点がある岬

今日の測量は、ほとんどが衛星測位システムに置き換えられていますが、三角測量の初期の観測基準点やシュトゥルーヴェの三角点は、歴史遺産として今も残されています。シュトゥルーヴェの三角点の多くは、印の付けられた石が置かれているのみなど簡素なものですが、中には十字架、石碑などモニュメントが建てられているスポットもあり、北端となるノルウェーのハンメルフェストと南端ウクライナのスタラ・ネクラシウカには立派な記念碑が建てられています。また、フィンランドのアラルトルニオ教会、エストニアのタルトゥ旧天文台は、現存の建物が測量地点として利用されました。
ノルウェーの世界遺産に登録されている4地点ハンメルフェスト、アルタ、カウトケイノ(2ヵ所)の内、観光にオススメなのは測量の北端地点となるハンメルフェスト。その他3か所は、一般道から外れた山間部に位置しており、あまり観光には適していません。ハンメルフェストは、ノルウェー北部フィンマルク県にあるクバレイ島の西岸に位置する港町。ハンメルフェストの測量地点は、町の中心部から入り江を挟んだ対岸の岬に位置しています。広場の中央にモニュメントが建てられており、その周りにはベンチが置かれています。ここからは、ハンメルフェストの街並みや複雑に入り組んだフィヨルドの海岸に浮かぶ島々を眺められます。測量地点には、記念モニュメントが建つのみですが、人類の偉大な功績を残す場所として、科学史に興味がある人にとっては、興味深い場所と言えます。この測量地点から数百メートル先の岬の先端付近には、古い大砲が置かれており、静かに海を見守っています。

クルーズ客船の寄港地ハンメルフェスト
フィヨルドの海岸に面したハンメルフェストの街並み

ハンメルフェストは、歴史的に戦争や大火に幾度も見舞われてきましたが、その度に復興を遂げて現在に至っています。北緯70°というシベリアやアラスカの最北端と同緯度にも関わらず、メキシコ湾流の影響で緯度の割には温暖で、世界最北の不凍港とも言われています。ハンメルフェストの町の規模はそれほど大きくありませんが、海岸線沿いや山の斜面にカラフルな家屋が建ち並ぶ美しい街並みが広がっています。ノルウェーの沿岸線を運行する定期急行船フッティルーテンをはじめ大型客船の寄港地になっており、船が到着すると町は観光客で賑わいます。夏の6月~7月頃は太陽が沈まない白夜、反対に真冬の12月~1月頃は太陽が1日中昇らないポーラーナイト(極夜)となり、幻想的な景観が見られます。

ハンメルフェストの観光
ハンメルフェスト教会のインテリア

町の中心部にあるホッキョクグマ協会(The Polar Bear Society)の館内には、ホッキョクグマをはじめとした北極圏に生息する動物やハンメルフェストの歴史や文化に関する資料が展示されています。併設のショップでは、ホッキョクグマをモチーフにした可愛らしいグッズがたくさん売られています。入場は無料で、観光案内所も併設されているので、ハンメルフェストを訪れた際は、立ち寄ってみるとよいでしょう。ハンメルフェスト教会は、大きな三角屋根のユニークな外観が特徴です。内部は、北欧らしい木のぬくもりが感じられるインテリアで、祭壇奥の壁面に施された色鮮やかなステンドグラスは美しく見応えがあります。
町の背後にある小高いサーレン山のジグザグの坂道を登って行くと展望台があります。展望台からは、ハンメルフェストの街並みやシュトゥルーヴェの観測地点もちろん、その先に広がる海や島々、周辺の山並みまで一望でき、絶好のビュースポットとなっています。
ハンメルフェスト周辺には、世界遺産に登録されているアルタのロック・アートやヨーロッパ最北の岬ノール・カップなどの見どころがあります。車で2~3時間の距離なので、レンタカーを借りてこれらの地域をのんびり巡ってみるのもオススメです。

ベストシーズン

ハンメルフェストの観光のベストシーズンは、最も天候が安定して過ごしやすい夏の6月~8月ですが、オーロラを観測するなら10月~3月頃がオススメです。高緯度のわりに温暖な気候ですが、夏でも防寒着が必要となります。


  • 現地
  • オスロ
  • ベルゲン
  • フロム
  • トロムソ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:70.6699, 23.6633
  • 住所:Industrigata 5, 9600 Hammerfest, Norway
首都
オスロ
面積
323,802 (km2)
人口
525万人 2016年
言語
ノルウェー語
公用語
ノルウェー語
通貨名
ノルウェー・クローネ ※本サイトではNOKと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Telenor、Telia、Ice.net
最寄り空港からのアクセス方法

【ハンメルフェスト空港からのアクセス】
<タクシー>
所要時間:約5~10分
目安料金:(市内中心部)130NOK前後


最寄り空港詳細

  • ハンメルフェスト空港 (HFT)
  • アルタ空港 (ALF)

近隣の見所スポット