横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
リトアニア

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(リトアニア)

(Struve Geodetic Arc,Lithuania)

概要

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点は、19世紀に天文学者フリードリヒ・フォン・シュトゥルーヴェが中心となって、子午線弧長の三角測量を行うために設置された観測地点群です。観測地点は、北端ノルウェーのハンメルフェストから南端ウクライナのスタラ・ネクラシウカまで10カ国265地点にも及びます。これらの観測地点は、地球の大きさや形状を正確に測ることに大きく貢献をしたことが評価され、2005年に34ヶ所がユネスコの世界遺産に登録され、リトアニアでは、3ヶ所が登録されています。


見所ポイント

全長2820km以上、10ヶ国にまたがる世界遺産
パリエピウカイの観測地点の記念碑

シュトゥルーヴェの三角測量は、1816年から1855年にかけて39年間もの長期間に渡り、天文学者シュトゥルーヴェ指揮のもと、複数の科学者によって行われ、その距離は、北極海に面したノルウェーのハンメルフェストから黒海に近いウクライナのスタラ・ネクラシウカまで全長2820km以上にも及びます。

16世紀に開発された三角測量法は、1980年代に衛星測位システムが登場するまでは大規模な精密測量法として長い間用いられてきました。シュトゥルーヴェらは、歴史上初めて長距離に渡って子午線を正確に測量し、その後の地球科学や正確な地形図作成の発展に大きく貢献しました。そして、シュトゥルーヴェの三角測量は、実際の数値とほとんど誤差のない正確な測量だったことが衛星測位システムの登場で立証されています。また、この測量は国を越えた科学者や君主が協力して科学の発展に寄与したことも高く評価されています。

観測地点が設置された19世紀当時は、スウェーデン・ノルウェーとロシア帝国のわずか2カ国にまたがっているに過ぎませんでした。しかし、その後200年足らずで新たな国家が多く誕生し、現在では、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、ロシア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ベラルーシ、モルドバ、ウクライナの10カ国にもまたがる非常に珍しい世界遺産となっています。

リトアニアの測量に貢献したカール・テナー
リトアニアで発行された記念切手

リトアニアでは、1816年にカール・テナー(Carl Tenner)によりヴィリニュス地区で地形図作成のための測量が開始されました。同時期にシュトゥルーヴェもリヴォニア地域(現在のエストニアとラトビア)で測地プロジェクトを開始しました。カール・テナーは、科学的な測地学の創始者の一人とみなされている人物で、1828年にシュトゥルーヴェとテナーは、このプロジェクトの協力契約を結び、これまでの両者の測量結果を結び付け、その後も測量地点を南北に延長し、歴史上、前例のない長距離の測量を行いました。

リトアニアでの三角測量は合計18地点で行われ、その内、ギレイシアイ(Gireišiai)、メシュコニーズ(Meškonys)、パリエピウカイ(Paliepiukai)の3地点がユネスコの世界遺産に登録されました。2005年に世界遺産に登録された後、3つの観測地点には、いずれも白い柵が設けられ、その近くには記念碑が建てられました。また、様々なイベントを通してこの歴史的な功績を社会に知らせる取り組みが行われ、その一環として、2009年にはリトアニア郵便局より記念切手が発行されました。

リトアニア最北の観測地点ギレイシアイ
ギレイシアイの観測地点

世界遺産に登録された3地点とも見学することが可能です。しかし、いずれも市街地から離れたのどかな農村エリアに位置し、訪れる際は基本的に車でのアクセスとなるため、観光で訪れるにはやや難易度が高いかもしれません。また、測量や科学の歴史に興味がある人にとっては興味深い場所ですが、観光スポットとしてはかなり地味なスポットです。

3地点の内、最も北側にあるのがギレイシアイで、首都ヴィリニュスから北に約160km、ラトビアとの国境まではわずか30kmほどの場所に位置しています。ギレイシアイの観測地点、道路沿いのわかりやすい場所にあり、周りにはボードウォークや遊具なども設置されているので、ピクニックやドライブの途中の休憩でも立ち寄りやすい雰囲気です。周辺は、見渡す限り草原や森林に覆われた素朴なリトアニアの大地が広がっています。

ひっそりと佇むメシュコニーズとパリエピウカイの観測地点
メシュコニーズの観測地点

メシュコニーズは、ヴィリニュスから北に約35kmの数軒の民家があるのみの小さな村で、観測地点は、道路脇からなだらかな丘を登ったところにあります。道路沿いは、観測地点を示す案内板が設置されていますが、周辺は一見何の変哲もないのどかな草原が広がっているのみなので、見落とさないように注意が必要です。丘の上には、観測地点を囲む柵と記念碑があるのみですが、メシュコニーズの集落や周辺ののどかな景観を見渡すことができます。

パリエピウカイは、ヴィリニュスから東に約15km、幹線道路から外れた周囲を森林に囲まれた小さな村です。ヴィリニュスからは、最も近い場所にありますが、途中から未舗装の道路が続くローカルエリア。観測地点は、他の2ヶ所と同様に柵で覆われており、近くに記念碑が建てられています。

メディニンカイまで足を伸ばしてみよう
メディニンカイ城の城壁と塔

パリエピウカイからさらに東に20kmほど行くとベラルーシとの国境の手前にメディンカイ(Medininkai)城遺跡があります。メディニンカイ城は、13世紀末から14世紀初頭にかけて軍事的要衝として建設されたリトアニアで最大の囲い型の城です。かつては、4つの門と塔が備えられ、高さ30mのメインタワーは居住区として使用されていました。15世紀後半以降は、銃器の発達によりメディニンカイ城の軍事的な役割は失われ、住居やこの土地の貴族のマナーハウスに転用されました。その後度重なる戦争などで廃墟となっていましたが、20世紀後半に修復が行われました。現在は、城壁と塔があるのみで、復元された塔の内部は博物館として一般公開されています。博物館では、中世の武器や武具、装飾品、城の歴史に関する資料や絵画などが展示されています。塔の屋上は、展望台となっています。

メディニンカイ城から南に約3kmの場所にある標高約294mアウクシュトヤスの丘(Aukštojas)は、平坦な地形のリトアニアで最も標高の高い場所で、木製の展望塔が設置されています。

ベストシーズン

リトアニアには四季があり、観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。夏季は日照時間が長く、夜遅くまで明るいので、観光に十分な時間をとることができます。ただし朝晩は気温が下がるので、長袖の羽織りものがあった方がよいでしょう。メキシコ湾流の影響で高緯度の割には温暖ですが、冬は日照時間が短く、寒い日が続くので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • ヴィリニュス
  • クライペダ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:54.6346, 25.4290
  • 住所:Ilgoji g., 13266, Lithuania
首都
ヴィリニュス
面積
65,300 (km2)
人口
279万人 2018年
言語
リトアニア語
公用語
リトアニア語
通貨名
ユーロ 補助通貨はセント ※本サイトではEURと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Telia、Tele2、Biteなど
最寄り空港からのアクセス方法

【ヴィリニュス国際空港から市内】
<路線バス>
空港前のバス停から旧市街方面は88番(夜間は88N番)、中央駅は1、2番、市内中心部経由Fabijoniškės行きは3G番
所要時間:(市内中心部)20分前後
料金:1EUR


<空港バス(Airport Express)>
空港から中央駅までの直通バス
所要時間:約10分
料金:2EUR


<電車>
空港駅から中央駅まで運行
所要時間:8分
料金:0.70EUR


<タクシー>
所要時間:(市内中心部)10~15分
目安料金:(市内中心部)10EUR前後


【ヴィリニュスからのアクセス】
・パリエピウカイ(Paliepiukai):車で約25分
・メシュコニーズ(Meškonys):車で約40分
・ギレイシアイ(Gireišiai):車で2.5~3時間


(2019年9月現在)


最寄り空港詳細

  • ヴィリニュス国際空港 (VNO)