横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
アイスランド

スルツェイ島

(Surtsey Island)

概要

スルツェイ島はアイスランドの南にある無人島で、1963年に突然始まった海底噴火により誕生した新島。噴火はたびたび繰り返され、1967年に海抜150m、面積は約3平方kmに成長し島となりました。誕生直後からどのように島が進化するのかを観測する実験所として厳しい管理の下に保護されてきました。島の成長や形成の過程で、新島の進化について多大な見識や情報を提供してくれたことが高く評価されて、2008年にユネスコ世界遺産に登録されました。許可された科学者以外の上陸は禁止されています。近隣のヘイマエイ島は人口約4,100人の島で、空路で行くことができます。


ベストシーズン

温暖な西岸海洋性気候で、夏は涼しく冬も暖流メキシコ湾流の影響で緯度や国名から受けるイメージとは異なり穏やかな気候です。平地での気温は夏は12~15℃、一番寒い1月でも平均の最低気温が-4℃ほどで、シカゴやウィーンより平均気温は高いのが特徴です。服装は低気圧の影響で1日に四季があるほど天気が変わりやすいので、フード付きのウィンドブレーカーやレインコートがあると重宝します。気温の変化に対応するためにダウンジャケットやセーター(薄手と厚手)も準備しておくとよいでしょう。


  • 現地
  • レイキャビク
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:63.3037, -20.6020
  • 住所:アイスランド
首都
レイキャビク
面積
103,000 (km2)
人口
33万人 2014年
言語
アイスランド語、英語、デンマーク語
公用語
アイスランド語
通貨名
アイスランド・クローナ ※本サイトではISKと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Síminn、Vodafone、Nova
最寄り空港からのアクセス方法

観光での上陸は出来ません。


最寄り空港詳細

  • ヘイマエイ空港 (VEY)
  • レイキャビク空港 (RKV)
  • ケプラヴィーク国際空港 (KEF)