横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
イラン

スーサ

(Susa)

概要

スーサは、古代のエラム王国からアケメネス朝ペルシャ時代に王都として栄えた古代都市で、現在のイラン西部フーゼスターン州のシューシュに位置しています。スーサは、紀元前4000年頃から13世紀までの都市遺跡が層のように重なっており、様々な時代の遺構が発見されています。「目には目を」で有名なハムラビ法典碑が発見されたのもこの都市です。アケメネス朝以後は、アレクサンドロス大王が各国との統合の象徴として合同結婚式が行われたり、ローマに征服され、アラブ軍に破壊されるなど多難の歴史を歩んで来ました。1218年にモンゴル帝国の侵略により住民は街から離れ街は荒廃してしまいました。スーサの遺跡は、考古学的な価値も高く、各時代の文化や歴史を現代に伝える貴重な証として2015年に世界遺産に登録されました。


おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
スーサツアー(テヘラン発)1泊2日

iraniantours.com

ベストシーズン

イランは日本の面積4.5倍もの大きさがあり、地方によって気候も様々です。イラン全土に共通して言えることは、イランは日本と同様はっきりとした四季があるということです。3月後半~5月の春の季節や10月~11月の秋の季節は、日本同様で過ごしやすい旅行にピッタリの季節と言えるでしょう。しかし、北部と南部では気候の変化が激しいので注意が必要です。イランにはカスピ海温暖気候、山岳気候、砂漠・半砂漠性気候と大きく3つの気候に分けることができます。砂漠地帯はほとんど雨の心配もありませんが、他の地域は年間を通して雨も降りやすい地域もあるので注意しましょう。また、イランの夏はとにかく暑く、乾燥、日焼け、服装には注意を払いたいところです。また、冬も寒く、首都テヘランのあたりは雪が降るところもあります。防寒対策をしっかりと行いましょう。


  • 現地
  • テヘラン
  • エスファハーン
  • シーラーズ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:32.1926, 48.2487
  • 住所:Khuzestan, Shush, امام خمینی، Iran
首都
テヘラン
面積
1,648,195 (km2)
人口
7,780万人 2014年
言語
ペルシャ語、トルコ語、クルド語
公用語
ペルシャ語
通貨名
イラン・リアル  ※本サイトではIRRと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Hamrah Aval、MTN Irancell、RighTel
最寄り空港からのアクセス方法

<アフヴァーズ空港~シューシュ>
アフヴァーズ空港はアフヴァーズ郊外にあり、市内に隣接しています。
空港からタクシーでアフヴァーズのEnghelabスクエア前のバスターミナルへ移動(所要時間:約25分)→シューシュ行きミニバスに乗車→シューシュ下車


所要時間:約2時間


最寄り空港詳細

  • アフヴァーズ空港 (AWZ)
  • アーバーダーン空港 (ABD)
  • ホッラマーバード空港 (KHD)

ホテル

    情報取得中...