横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ラトビア

スウェーデン門と旧ヤコブ兵舎

(Swedish Gate and Jacob's Barracks)

概要

リガの旧市街の北側にあるスウェーデン門は、スウェーデン統治時代の1698年に城壁を利用した建物が建てられた際に付け加えられたもので、リガで現存する唯一の城門です。スウェーデン兵が城壁の外側の兵舎から行き来するためにこの門を利用していたためその名が付けられました。スウェーデン門の向かい側に建つ黄色い建物は、かつてのスウェーデン兵が寄宿していた旧ヤコブ兵舎です。現在は、内部が改装され、カフェやレストラン、バー、ショップなどが軒を連ねる商業施設となっています。


見所ポイント

リガで唯一現存する城門「スウェーデン門」
建物をくり抜いたようなスウェーデン門

リガの旧市街は、13世紀から18世紀までは全長約2.2kmに及ぶ城壁に囲まれた城塞都市でした。城壁には、多くの塔と門が備えられ、城門は、日の出とともに開き、日没後は閉じられていました。大北方戦争の末、リガがロシア帝国の支配下になると城壁の防衛上の重要性がなくなり、新たな建物の建築資材として使用するために取り壊されてしまいました。現在はスウェーデン門がリガに唯一現存する城門となっています。城門というと、立派な門を想像してしますが、スウェーデン門は、建物をトンネルのようにアーチ型にくり抜いた小さな通路で、知らなければここがかつて城門だったとは思えないようなさりげない佇まいです。

スウェーデン門の内側のトゥルァクシュニュ通り(Trokšņu iela)は、中世の雰囲気が感じられる石畳みの小路です。通り沿いの建物の軒先や窓辺にはカラフルな花が飾られ、思わずシャッターを切りたくなるようなフォトジェニックな景観が広がっています。スウェーデン門から東側に進むと、通りに沿って近年復元されたレンガ造りの城壁と監視塔があり、かつての城壁がどのようなものだったかを知ることができます。

スウェーデン門に残る伝説
ひっそりと静まり返った夜のスウェーデン門

スウェーデン門は、一見何の変哲の無い門(通路)ですが、様々な伝説や逸話が残されていることでも知られています。その一つは、悲恋の伝説です。かつてリガの人々は、外国人と接することを禁止されていました。しかし、一人の若い女性がスウェーデン兵と恋に落ち、この門で密会するようになりました。ある時、そのことが発覚してしまい、女性は罰として壁の中に生き埋めにされてしまったのです。それ以来、真夜中にスウェーデン門近くを通ると女性のすすり泣く声が聞こえると言われています。そして、この泣き声が聞こえるのは、無償で愛することができる人のみとも言われています。

スウェーデン門の上のアパートには、当時、市の死刑執行人が住んでおり、彼は処刑の前夜に窓辺に赤いバラを置いて、そのことを人々に知らせていたという話も語り継がれています。

そんな悲しくも残酷な伝説の残るスウェーデン門ですが、現在ではカップルでスウェーデン門をくぐると幸せになると言われており、新婚カップルや観光客が訪れる人気のスポットとなっています。これらの伝説の真偽は定かではありませんが、同じ場所に両極端な都市伝説的な逸話がいくつも存在しているというのも興味深いところです。

観光スポットとして生まれ変わった旧ヤコブ兵舎
旧ヤコブ兵舎(右)と城壁(左)

スウェーデン門の外側のトゥアルニャ通り(Torņa iela)沿いには、かつてのスウェーデン兵の兵舎だった旧ヤコブ兵舎があります。黄色の外壁にオレンジ色の屋根が可愛らしい全長200m以上も続く横に細長い建物です。ヤコブ兵舎は、18世紀に建設されてから、何度か再建されながら、1990年代までは軍事施設として使用されていました。ラトビア独立後は、建物内部が改装され、バーやレストラン、カフェ、ショップなどが軒を連ねるようになり、現在は多くの観光客で賑わう人気のスポットへ生まれ変わっています。トゥアルニャ通りの向かい側には、通りと並行するように再建された城壁と塔があり城壁の外側部分を眺めることができます。

「Taverna」は、旧ヤコブ兵舎の地下にある人気のレストラン。店内は、古いヴォールト天井を生かした中世の雰囲気が感じられるインテリアで、アットホームで居心地のよい空間が広がっています。Tavernaでは、ライブ演奏を聴きながら、地ビールやワインとともにラトビアの名物料理を味わえます。また、トゥアルニャ通り沿いには、オープンテラス席も設けられており、天気のいい日は観光の合間に、テラス席でのんびり食事やティータイムを楽しむのもオススメです。

ラトビア戦争博物館として使用されている火薬塔
円錐形の印象的な火薬塔

旧ヤコブ兵舎の東端の向かい側には、高さ25.6m、直径14.3m、壁の厚さ2.5m以上にも及ぶ火薬塔があります。元々は、1330年に城壁の監視塔として建造されたもので、砂の塔と呼ばれていました。その後、何度か再建が行われましたが、石造りの基礎部分は、創建当時のものです。現在見られる塔は、1650年に建てられたもので、当時火薬庫として使用されていたことからその名で呼ばれるようになりました。その強固な造りから、ロシアの激しい砲弾の攻撃にも耐え抜くことができました。城壁に備えられた塔としては、リガで現存する唯一の塔です。

火薬塔は、1919年からラトビア戦争博物館として利用されており、中世から現代までのラトビアの軍事や占領の歴史について時代毎にわけて展示を行っています。特に、20世紀以降のラトビアの軍事政治に焦点が当てられています。20世紀は、ラトビアの人々が2度に渡り、独立を勝ち取るために戦わなければならなかった時代です。館内では、武器や軍服といった軍事用品などの展示と解説パネルだけでなく、写真や映像を効果的に使用しています。解説がなくても、視覚的にわかりやすく工夫されており、ラトビアが自由を得るまでの激動の歴史を辿ることができます。

スウェーデン門から火薬塔までは、中世の城塞都市の名残りが最も見られる場所で、リガ観光ではぜひ訪れておきたいスポットです。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
【プライベートツアー】ラトヴィアの首都 世界遺産リーガ半日観光<車+ガイド貸切/午前・午後/リーガ発>3時間

veltra.com

ベストシーズン

ラトビアには四季があり、観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。夏季は日照時間が長く、22時頃まで明るいので、観光に十分な時間をとることができます。ただし朝晩は気温が下がるので、長袖の羽織りものがあった方がよいでしょう。メキシコ湾流の影響で高緯度の割には温暖ですが、冬は日照時間が短く、寒い日が続きます。スキーやスケートなど冬ならではのウインタースポーツを楽しむなら、この時期もオススメです。


  • 現地
  • リガ
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:56.9515, 24.1065
  • 住所:Torņa iela 11, Centra rajons, Rīga, LV-1050, Latvia
首都
リガ
面積
64,589 (km2)
人口
193万人 2018年
言語
ラトビア語、ロシア語
公用語
ラトビア語
通貨名
ユーロ 補助通貨はセント ※本サイトではEURと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
LMT、Tele2、Bite
最寄り空港からのアクセス方法

【リガ国際空港からリガ市内】
<バス/ミニバス>
空港の外のバス停からバス22番もしくはミニバス(Express)322番、ミニバス241番が市内中心部まで運行
所要時間:(市内中心部)30~40分
料金:1.15EUR


※車内購入は2EUR


参考サイト:rigassatiksme.lv


<タクシー>
所要時間:(市内中心部)約20分
目安料金:15EUR前後


【リガ市内のアクセス】
リガ中央駅から徒歩15分


(2019年8月現在)


最寄り空港詳細

  • リガ国際空港 (RIX)