横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
タイ

タイ国立象保護センター

(Thai Elephant Conservation Center)

概要

タイ国立象保護センターは、ランパーンの郊外にある象のための総合施設です。ここでは象のショーや象乗り体験を楽しめるほか、世界的にも珍しい象の病院を見学することもできます。象に関する研究施設も多数集められています。王室所有の神聖な白象の飼育が行われているほか、日本で2005年に公開された映画「星になった少年」のロケ地としても有名です。


公式サイト:thailandelephant.org


見所ポイント

象たちの保護が一番の目的
エレファント・ショーの一場面

タイ国立象保護センターは、象や象使い達の文化の保護を目的とした国立施設です。1989年にタイ国内において天然林の伐採が禁止されてから、木材の運搬や売買を生業にしていた一部の象と象使いは仕事を失い、違法な伐採を行うか観光の道に進むか選択を迫られ、その結果違法業者に重労働を課せられたり、観光客を乗せてへとへとに疲れたりした象が増加しました。こうした問題を受けて、1991年に林業公団によって設立されたのが、タイ国立象保護センター。ランパーンのガーオ郡にあった「小象訓練センター」を現在の場所に移す形で作られたタイ国立象保護センターでは、かわいい象たちのショーや象乗り体験などが楽しめるだけでなく、タイ唯一である象の病院や、象使いを育成する機関、象のフンからメタンガスなどの資源を作り出す工場など、象に関するさまざまな施設が集められています。最先端の技術が集まる保護施設でありながらも、タイ国立象保護センターはランパーンで1位、2位を争う人気の観光スポット。園内の見所を巡るバスツアーも30分おきに運行されていて、一日を通して象に関するアクティビティを楽しむことができます。また、ランパーンの豊かな自然を十二分に満喫できるのもこのスポットの大きな魅力のひとつ。タイ国立象保護センターは、チェンマイ市街からは車で約1時間30分、ランパーン市内からは約30分の距離にあります。
入場料は、大人200バーツ、子ども100バーツ。タイでは子ども料金が、年齢ではなく身長で区切られるスポットが多いのがおもしろいところ。タイ国立象保護センターでは身長135cm以下が子ども料金の対象になります。

象と触れ合えるアクティビティがたくさん
鼻を使って器用に絵を描く象

タイ国立象保護センターでは、1日に3回、象たちによるショーが行われています。1回のショーで登場する象は10頭ほど。お行儀よく1列で会場に入場してきた象たちは、ナレーターから名前と年齢を紹介されるとお辞儀をして挨拶をしてくれます。ショーに登場するのは、この施設で勉強している5歳から14歳の若い象です。ショーでは器用な丸太運びや、鼻で鉛筆を持って抽象画を描くお絵かきなどを披露してくれます。この「象のお絵かき」はタイ国立象保護センターが発祥の地と言われているのだとか。ちなみに、象が描いた抽象画のような絵画は、施設内のお土産屋さんで買うことができます。この他にも竹でできた楽器を鼻で揺らしながら、タイの「象の歌」を演奏する場面もあり、とても見応えのあるショーになっています。また、このショーのお楽しみの一つが、ショー終了後の餌付けタイム。象の餌であるサトウキビや野菜などを、なんと象に手渡しで与えることができるのです。象を間近で見られる貴重な体験なのでぜひ参加してみてくださいね。また、タイ観光ではお馴染み「象乗り」も、もちろん体験できます。山道をのんびりと歩きながら、時々立ち止まってむしゃむしゃと草を食べる象の姿はとても可愛らしいですよ。ランパーンの豊かな山間の景色も満喫してくださいね。象乗りは、30分のコースで500バーツほどです。この他、1日に2回行われる象の水浴びも必見です。
また、タイ国立象保護センターのユニークなツーリズムの中に「ホームステイ」があります。ホームステイでは、朝方に森に象を迎えに行くところから始まり、象乗りの訓練や象への命令などを練習、夕方には象を森に連れ帰り、一緒に食事作りを行います。1泊2日で6300バーツ、2泊3日で9000バーツです。ガイドは英語のみですが、身長が130cm以上あれば子供でも参加可能!家族で貴重な体験を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

必ず見学したい「象の病院」
タイ国立象保護センターの入り口

タイ国立象保護センターは、別名「象の病院」。ここは観光事業と並んで、象たちの病院がとても有名なスポットなのです。あんなに大きな動物がどのように治療を受けるのか、とても興味深いですよね。タイ国立象保護センター内にある象の病院は、一部ではありますが治療風景が見学できるようになっている世界的にも大変珍しい施設。ちなみに点滴は、足場を作って大人5人がかりで打つんですよ。ここでの治療は全て寄付で賄われているため無料。他施設や個人所有の象も、分け隔てなく治療を受けることができるようになっています。また、タイ北部に住む象を対象にした往診や、「小象訓練センター」跡地で末期の病気を患った象たちを保護したりなどの活動も行われています。敷地内には象の学術研究に関する施設もあり、獣医の研修や、病気や生殖などに関する研究が進められています。近年では、象のフンからエコエネルギーを生み出す研究が活発に進められていて、実際にフンからメタンガスを作り出すための工場が稼働していたり、リサイクルで生み出された紙で作られたお土産などが販売されています。太陽光発電なども施設の電力として使われていて、こうしたクリーンなエネルギーの開発はとても注目されています。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
ランプーン・ランパーン 1泊2日2日

dp29259360.lolipop.jp

ベストシーズン

11月から3月の乾季は雨が少なく気温、湿度ともに高くなりすぎず観光に適したシーズンです。12月から1月頃は寒暖の差が激しく朝晩は肌寒くなります。周囲を山に囲まれているため10℃を下回ることもあり、かなり冷え込むこともあるので厚手の上着を持参した方がよいでしょう。3月下旬から雨季に入る5月頃までは気温が上がり、日差しも強くなります。熱中症には気をつけ、こまめに水分を摂るように心がけましょう。雨季に入ると、雷を伴ったスコールが振りやすくなりますが、雨量はタイの他の地域に比べると少なめです。


  • 現地
  • バンコク
  • チェンマイ
  • プーケット
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:18.3600, 99.2474
  • 住所:ลป.2031 Tambon Wiang Tan, Amphoe Hang Chat, Chang Wat Lampang 52190, Thailand
首都
バンコク
面積
513,120km2
人口
6,855万人
言語
タイ語
公用語
タイ語
通貨名
バーツ、補助通貨サタン ※本サイトではTHBと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
AIS、Dtac、True Move
最寄り空港からのアクセス方法

【ランパーン空港から市内】
<ソンテウを利用>
所要時間:約10分
料金:50THB前後


【ランパーン市内からのアクセス】
ランパーンバスターミナルからチェンマイ行きのバスに乗車し、タイ国立象保護センター入口で下車
所要時間:約40分


最寄り空港詳細

  • ランパーン空港 (LPT)
  • チェンマイ国際空港 (CNX)