横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
チュニジア

チュニス

(Tunis)

概要

地中海に面したチュニスは、チュニジアの首都で、政治や経済の中心地です。中世のイスラム都市の街並みが残る世界遺産に登録されているメディナ(旧市街)とフランス植民地時代に開発された広い街路とヨーロッパ風の街並みが広がる新市街があり、異なる雰囲気を同時に味わうことができます。また、周辺にはローマ時代の秀逸なモザイクコレクションを誇るバルド国立博物館や古代都市カルタゴの遺跡、青と白のコントラストが美しいリゾート地シディ・ブ・サイドなど魅力的なスポットが点在しています。


見所ポイント

中世のイスラムの街並みが残るチュニスのメディナ
カラフルな商品が並ぶメディナのスーク

チュニスのメディナ(旧市街)は、7世紀にウマイヤ朝に征服されイスラム化が始まり、12世紀から16世紀にはイスラム世界で最も裕福な都市の一つでした。かつて町を囲っていた城壁のほとんどは撤去されてしまいましたが、今でもモスクやマドラサ(イスラムの学校)、宮殿、霊廟、ハマムなど1000年以上に渡り繁栄してきた歴史を物語る貴重な建造物が多く残っており、メディナ全体がユネスコの世界遺産に登録されています。

メディナはザイトゥーナ・モスクを中心に広がっており、建物を縫うように細い路地が迷路のように張り巡らされています。東の入口となるフランス門からザイトゥーナ・モスクまで伸びるジャマー・エズ・ザイトゥーナ通り(Rue Jamaa Ez Zitouna)が、メディナのメインストリート。通りの両脇には、土産物屋やカフェなどがひしめき合っています。さらに革製品や銀製品、香水、スパイスなど様々な専門のスーク(市場)があちこちに点在しており、地元の人々や観光客で賑わっています。賑やかな通りから少し離れて裏通りを散策してみると、職人が黙々と作業をしていたり、子供たちが通りを駆け回っていたりと地元の人々の日常を垣間見ることができます。メディナを散策していると方向感覚が失われ、現在地がわからなくなってしまうこともありますが、迷いながら散策するのもメディナ観光の楽しみの一つ。エキゾチックな中世のイスラム世界にタイムスリップしたような雰囲気を味わえます。

コロニアルな雰囲気が漂うチュニスの新市街
独立広場前に建つサン・ヴァンサン・ド・ポール大聖堂

メディナの西側一帯に広がるチュニスの新市街は、フランスの植民地時代に開発されました。新市街は碁盤の目のように区画整備され、通り沿いには街路樹が植えられており、コロニアルな雰囲気が漂う整然とした街並みが広がっています。新市街のメインストリートとなるのがメディナの手前の独立広場からチュニス・マリン駅まで伸びるハビーブ・ブルギバ大通り。ヤシの木やイチジクの木が植えられた通り沿いに立ち並ぶアールヌーボー様式やアール・デコ様式の建物にはカフェやショップが軒を連ね、明るく開放的な雰囲気に包まれています。独立広場の中央には、チュニス生まれで中世のイスラム世界を代表する学者イブン・ハルドゥーン像があり、広場の北側には、フランス植民地時代に建設されたサン・ヴァンサン・ド・ポール大聖堂が堂々と建っています。サン・ヴァンサン・ド・ポール大聖堂は、ムーア様式やビザンチン様式、ネオゴシック様式が融合したユニークな建築で異彩を放っています。

ローマ時代の豊富なモザイクコレクションを有するバルド国立博物館
かつての宮殿を利用したバルド国立博物館内

チュニスの中心部から北西に約4kmのバルド地区に位置するバルト国立博物館は、チュニジア各地から発見された美術品や遺物を数多く展示しており、古代カルタゴからオスマン帝国時代までのチュニジアや地中海地域の壮大な歴史を辿ることができます。中でもローマ時代の秀逸なモザイクアートのコレクションの豊富さは目を見張るものがあります。かつてのベイ(総督)の華麗な宮殿を利用した博物館内の壁面や床にモザイクがびっしりと展示されている光景は圧巻。これらのモザイクは、ギリシャ神話やローマ神話の場面や神々はもちろん、植物や動物、海の生き物、剣闘士、農耕や狩猟、漁猟の様子などが生き生きと描かれており、当時の北アフリカ地方の日常生活や思想を垣間見ることができます。地中海に面した土地らしく、海神オケアノスやポセイドン(ネプチューン)などの海の神々をはじめ、船や海洋生物など海に関するモチーフが多く見られます。

繊細な漆喰彫刻に金箔やカラフルな色彩が施された天井、幾何学模様のタイル装飾に覆われた壁面、優雅な列柱などの宮殿のインテリアも必見。マグレブ(北アフリカ)やトルコ、イタリアの建築技法が融合した18世紀から19世紀にかけてのチュニジアの建築美をじっくり堪能してみて下さいね。

チュニス市民の台所「中央市場」
カラフルな野菜が並ぶ市場

独立広場のほど近くには、チュニス市民の台所となっている中央市場があります。中央市場の内部は、食材ごとに大まかにエリアが分かれています。地中海から水揚げされたばかりの新鮮な魚介類やチュニジアの農家から届いた季節の野菜や果物をはじめ、精肉やチーズ、スパイス、ドライフルーツなどありとあらゆる食べ物が売られており、その食材の豊富さには驚かされます。市場周辺の通りにも焙煎したてのコーヒ豆やスパイス、オリーブ、ピクルスなどの興味深い専門店が並んでいるのでぜひ散策してみて下さい。観光スポットでは見られない地元の人々の活気溢れる日常生活や食文化を垣間見ることができるでしょう。

新興開発地区ベルジュデュラックと海辺のラグレット地区
開放的な雰囲気が漂うラグレット地区

ベルジュデュラック(Berges du Lac)地区は、1980年代からチュニス湖の北岸の埋立地に建設された新興開発エリアです。各国の大使館や世界的に有名な企業が拠点を構え、ショッピングモールやモダンな高級住宅が立ち並んでいます。湖畔には洗練されたモダンなカフェやレストランが並び、流行に敏感な人々に人気を集めています。ベルジュデュラックの先のチュニス港のあるラグレット(La Goulette)地区は、チュニス湖がチュニス湾に注ぐ河口に位置し、チュニス運河の玄関口でもあります。チュニス湖と運河の間にはラグレット通りがあり、チュニス・マリン駅まで通じています。19世紀には、ユダヤ人やイタリア人、マルタ人が多く移住し、リゾート地として人気を博しました。16世紀にスペインにより建設され、オスマン帝国時代に改築された要塞は今でもこの地域のランドマーク的存在です。海岸沿いには、雰囲気のよいレストランやカフェが軒を連ね、週末や夜にリラックスした時間を過ごすのにおすすめのスポットです。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
世界遺産メディナとカルタゴ遺跡群 日帰りツアー<専用車/日本語 or 英語ガイド/チュニス発>1日

veltra.com

アラブチュニジア雑貨を巡る 日帰り観光ツアー<専用車/日本語アシスタントor日本語ガイドor英語ガイド/チュニス発>1日

veltra.com

ベストシーズン

地中海に面したチュニスは、夏は乾燥して暑く、冬は雨が多く比較的温暖な気候です。観光は1年を通して楽しめますが、春から初夏にかけての4月~6月がベストシーズンです。真夏は日差しが強く、日射病に注意が必要です。日向を歩く場合はこまめな水分補給や休憩とサングラスや帽子、日焼け止めは必須です。冬は雨具の用意があると安心です。


  • 現地
  • チュニス
  • ケルアン
  • タタウィン
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:36.8061, 10.1811
  • 住所:40 Avenue de Londres, Tunis, Tunisia
首都
チュニス
面積
163,610 (km2)
人口
1,166万人 2018年
言語
アラビア語、フランス語
公用語
アラビア語
通貨名
チュニジア・ディナール 補助通貨はミリーム ※本サイトではTNDと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Ooredoo、Tunisie Telecom、Orange、Lycamobile
最寄り空港からのアクセス方法

【チュニス・カルタゴ国際空港からチュニス市内】
<タクシー>
所要時間:(市内中心部)10~20分
目安料金:5TND前後


<路線バス>
大通り沿いのバス停から35番又は635番に乗車。終点チュニス・マリン駅まで運行
所要時間:20~30分
料金:0.500TND


最寄り空港詳細

  • チュニス・カルタゴ国際空港 (TUN)