横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
エストニア

タルトゥ大学

(University of Tartu)

概要

エストニア南部の中心都市タルトゥには、バルト諸国の最高学府とされる名門「タルトゥ大学」があります。1632年に当時、この地を支配していたスウェーデン王グスタフ2世アドルフが「アカデミア・グスタヴィアナ」を創設したのがはじまりで、400年近い歴史を持っています。現在は、優秀な学生が集まる名門大学であると同時に、大学美術館やアセンブリ・ホールのある本館、大聖堂遺跡を利用した大学博物館、自然史博物館、植物園などの大学施設が一般開放されていて、観光客にも人気のスポットとなっています。


見所ポイント

エストニアの頭脳が集まるタルトゥ大学
タルトゥ大学の旧解剖学講義室

バルト諸国で学問の最高峰とされるタルトゥ大学。その歴史は、この地がスウェーデン統治だった17世紀前半まで遡ります。1632年にアカデミア・グスタヴィアナとして創設された当時は、スウェーデン人やドイツ人の学生が中心で、もともとこの地に住むエストニア人のための大学ではありませんでした。その後、度重なる戦争で17世紀末にアカデミア・グスタヴィアナは廃校に追い込まれましたが、ロシア帝国時代の1802年にデルプト帝国大学として改めて開校しました。今でも残る本館、旧解剖学講義室、大聖堂跡地の図書館、旧天文台、植物園の温室中央部などタルトゥ大学の象徴的な建物群は、この時代にタルトゥ大学の教授で建築家だったヨハン・ヴィルヘルム・クラウゼにより設計されたもの。デルプト帝国大学の開校当初は、ドイツ系の教授や学生が多くを占め、ルター派の神学部やドイツ語の講義などロシア帝国内の他の大学とは異なる特徴を持っていました。19世紀半ばからは、ロシア人やエストニア人、ラトビア人など多様な民族で構成されるようになりました。こうして、タルトゥ大学は、医学や科学をはじめ、様々な分野で成果を上げ、エストニアの社会を担う優秀な人材を多く輩出してきました。現在は、パルヌやナルヴァ、ヴィリャンディ、タリンにも付属校があり、世界90ヶ国からの留学生も含め13000人以上の学生が在籍する国際色豊かな大学となりました。2018年には、世界大学ランキングで、世界で最も優れた大学のトップ1.2%にランクインしています。

タルトゥ大学本館の美術館
たくさんの彫刻が並ぶ美術館内

市内中心部にあるタルトゥ大学の本館は、1804年から1809年にかけて建設されました。エストニアの古典建築の傑作とされ、ギリシャ神殿のような円柱が並ぶ壮麗な建物です。本館内のタルトゥ大学美術館、アセンブリ・ホール、屋根裏の懲罰室は、一般開放されており、大学関係者でなくても見学することができます。

タルトゥ大学美術館は、講義の一環として、学生の芸術の感性を磨くために1803年にカール・モルゲンシュテルン教授により創設されたのがはじまりです。ギリシャやローマ時代の彫刻を中心に、石膏像のレプリカ、硬貨、宝石、陶器などの骨董美術に特化した作品が所蔵されており、ミイラ室では古代エジプトのミイラを見ることができます。また、ポンペイ様式の壁画が描かれた美術館のインテリアも見どころの一つ。この壁画は、1868年に本館の現在の場所に美術館が移転した際に描かれたもので、美術館のインテリアとして描かれたものとしてはエストニアで最古のものです。

アセンブリ・ホールと懲罰室
優美な雰囲気が漂うアセンブリ・ホール

本館にあるアセンブリ・ホールは、シンプルながら美しいクラシカル様式のインテリアで、タルトゥ大学の中でも最も優美な部屋。2階のバルコニー席も含め最大で470人収容可能で、卒業式など大学の重要な式典が行われてきました。1965年の火災で大きな被害を受けましたが、タルトゥ大学を象徴する重要な場所であったため、その後すぐに修復が行われ、もとの美しい姿を取り戻しました。このホールの音響効果は定評があり、コンサートや会議などのイベント会場としても利用されています。

華やかなアセンブリ・ホールとは対照的に、屋根裏には、19世紀に道徳や校則を違反した生徒を罰するために使用されていた懲罰室(学生牢)があります。懲罰室での拘留期間は、犯した違反内容によって決められ、数日から3週間と幅がありました。拘留された学生たちの多くは、この部屋の壁や天井に落書きや絵を描き、記録を残していました。1965年の火災で懲罰室のほとんどが焼失してしまいましたが、被害を免れた懲罰室の壁には、今でも当時の落書きや絵が残されており、19世紀当時の学生たちの心情を垣間見ることができます。

大聖堂遺跡に作られたタルトゥ大学博物館
大聖堂遺跡を改築した大学博物館の外観

タルトゥ大学本館の西側、トーメの丘には、13世紀から16世紀初頭にかけて建てられたタルトゥ大聖堂の遺跡があります。この大聖堂は、エストニア最大規模の教会で、2つの塔を持つ唯一の中世の教会建築です。また、リヴォニア地方のレンガ造りのゴシック建築としては、最も素晴らしいものの一つとされています。リヴォニア戦争で破壊されてから教会としての機能はなくなり、それ以降廃墟となってしまいました。現在大聖堂の塔の上は、展望台となっており、展望台からはタルトゥの町並みや周辺の景色を見渡すことができます。

廃墟だった大聖堂の一部は、19世紀にタルトゥ大学により再建され、現在はタルトゥ大学博物館となっています。この博物館では、17世紀から現在までの400年近くに渡る大学教育の歴史や科学、芸術、大学の研究成果、学生生活について紹介しています。楽しみながら科学を学べる展示や古い実験器具など知的好奇心がそそられる幅広い展示内容となっています。この博物館は、建物自体も美しく、1階には、コンサート会場や結婚式場としても利用できるホワイト・ホールと呼ばれる立派なホールも備わっています。中世のゴシック建築の外観はそのままに、館内は洗練されたインテリアで、そのギャップも興味深いところです。

タルトゥ大学の旧天文台
世界遺産に登録されている旧天文台

1810年に建設されたタルトゥ大学の旧天文台は、当時、最先端の設備が取り入れられ、ロシア帝国で最も重要な天文台となり、世界でも天文学の中心的存在の一つでした。三角測量で地球の大きさや形状を正確に測ることに多大な貢献をした天文学者シュトゥルーヴェもこの天文台で働いていました。シュトゥルーヴェは、ノルウェーからウクライナまで全長2820km、合計265地点で測量を行い、その内34ヶ所が2005年にユネスコの世界遺産に登録され、ここタルトゥの旧天文台も世界遺産に登録されています。

現在は、博物館として一般公開されており、シュトゥルーヴェが測量に用いた器具、様々な望遠鏡、中世からの地球儀のコレクションなどが展示されています。また、デジタル技術を駆使したゲームなどの体験型の展示もあり、星座や宇宙、エストニアの天文学の歴史について楽しみながら学ぶことができます。

ベストシーズン

観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。夏季は日照時間が長く、23時頃まで明るいので、観光に十分な時間をとることができます。ただし朝晩は気温が下がるので、長袖の羽織りものがあった方がよいでしょう。メキシコ湾流の影響で高緯度の割には温暖ですが、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • タリン
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:58.3811, 26.7199
  • 住所:Ülikooli 18, 51005 Tartu, Estonia
首都
タリン
面積
45,228 (km2)
人口
132万人 2018年
言語
エストニア語、ロシア語
公用語
エストニア語
通貨名
ユーロ 補助通貨はセント ※本サイトではEURと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Telia、Elisa、Tele2
最寄り空港からのアクセス方法

【タリン空港からタリン市内】
<トラム>
4番トラムが市内中心部まで運行
所要時間:(市内中心部)15~20分
料金:2EUR


<バス>
2番バスが市内中心部まで運行
所要時間:(市内中心部)15~20分
料金:2EUR


※バス、トラムはチャージ式のスマートカード利用時は割引あり


トラム・バス時刻表:transport.tallinn.ee


<タクシー>
所要時間:(市内中心部)10~15分
目安料金:10~15EUR


【タリンからタルトゥ】
<電車>
タリン駅からタルトゥ行きに乗車
所要時間:約2時間


<バス>
タリンバスターミナル(Tallinna bussijaam)からタルトゥ行きのバスに乗車
所要時間:約2.5時間


※ラエコヤ広場からタルトゥ大学まで徒歩3分


(2019年6月現在)


最寄り空港詳細

  • タリン空港 (TLL)