横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ノルウェー

ヴェガオヤン-ヴェガ群島

(Vegaøyan-The Vega Archipelago)

概要

ヴェガオヤン-ヴェガ群島は、ノルウェー中部のヌールラン県のヘルゲランド海岸沖のヴェガ島と中心とした約6500もの島々です。ヴェガ群島は、ケワタガモの羽毛の採取と漁業を中心産業とし、1500年以上も前から自然と共に伝統的な生活を営んでいます。2004年には、自然と共存した伝統的な生活が持続可能な開発の好例として評価されユネスコの世界遺産に登録されました。島内では、バードウォッチングやフラワーウォッチングをはじめ、どこまでも続く牧歌的で美しい風景を楽しめます。


見所ポイント

自然と共存する世界遺産の島ヴェガ諸島
ヴェガ島の漁村

ヴェガオヤンとは、ノルウェー語でヴェガ群島を意味し、ヴェガ島を中心に約6500の島々と岩礁から構成されています。ヴェガ群島には、波止場や灯台、ケワタガモの飼育場、牧草地帯や農村などが自然に溶け込んだ牧歌的な文化的景観が広がっています。
ヴェガ群島では、北極圏にほど近い厳しい自然環境の中で、およそ1500年前から続く漁業や農業の伝統的な暮らしぶりが受け継がれており、今でもこの島の人々は自然と調和しながら慎ましい生活を送っています。この伝統的な産業や暮らしの営みが持続可能な社会のモデルとしてユネスコの世界遺産に登録され、近年世界からも注目されています。そして、9世紀頃から行われてきたケワタガモの羽毛(アイダーダウン)の採取は島民の貴重な収入源となり、現在も島の重要な産業となっています。また、この地域の人類の歴史は1万面前の石器時代にまで遡ります。ヴェガ島で発見された岩絵は、ノルウェー北部では最も古い痕跡の一つとされています。ヴェガ群島は、海洋性の気候とミネラル豊富な石灰岩質の地形で、珍しいランや約230種以上の鳥類の生息地となっていて、バードウォッチングのスポットとしても愛好家から人気を集めています。
ヴェガ諸島の玄関口となるのは、ヴェガ島から20kmほど南東に位置するヘルゲランド海岸沿いにある町ブレンネイスン(Brønnøysund)。ブレンネイスンにはオスロやトロンハイムなどからの飛行機が発着する空港がある他、ノルウェーの沿岸線を運行する定期急行船フッティルーテンや長距離バスで主要都市と結ばれています。ブレンネイスンからヴェガ島へは、市内中心部にある港からスピードボートで35分ほどでアクセスすることができます。ブレンネイスンの北にあるホーン(Horn)の港からもフェリーが出ており、ホーンからは約50分でヴェガ島にアクセスすることができます。

スローな島時間を味わえるヴェガ島散策
真っ白な外観が印象的なヴェガ教会

ヴェガ群島は、伝統文化や自然環境に配慮しながら、旅行者に質の高い体験を提供するサステイナブル・ツーリズムの認定を受けています。ボートで島の海岸線の探検や釣りを楽しめるほか、カヤックやセーリングなどもこのエリアの人気のアクティビティとなっています。アウトドア好きならレンタサイクルで島内散策をしたり、ハイキングしながらのんびりと景色を楽しむのもオススメです。大自然と共存するこの地の人々の暮らしぶりを垣間見ながら、ゆったりとした島時間を過ごせるのがこの島の大きな魅力の一つです。
群島の中心となるヴェガ島には、集落が点在していますが、最も大きなグラッドスタッド(Gladstad)には、スーパーマーケットや学校、役所、教会などがあり、島の中心エリアとなっています。周囲の景観に溶け込むように佇むヴェガ教会は、1864年に建てられた木造の教会です。シンプルながら純白の外観が美しく、今も変わらず島の人々の大切な信仰の場となっています。島の北部を中心に漁村が点在しており、漁船や倉庫が並ぶ波止場は、ヴェガ群島の人々の昔ながらの暮らしぶりが垣間見られる場所の一つです。豊かな海洋や島の自然に調和した素朴な風景は見ているだけで癒されます。南部のアイデン(Eidem)には透明度の高い浅瀬のビーチがあり、夏には海水浴を楽しめます。また、ヴェガ島には、伝統家屋を改築した可愛らしいコテージやゲストハウスがいくつか点在しており、島の東側のFloavatnet湖の畔には、設備の整ったキャンプサイトもあるので宿泊も可能です。夏のバケーションシーズンにはキャンピングカーや車で訪れる旅行者の姿も多く見られます。日程に余裕があれば、ぜひ滞在してヴェガ諸島の自然や伝統料理を味わってみたいところです。

1000年以上も続くアイダーダウンの伝統産業
羽毛を敷いて巣ごもりするケワタガモ

ヴェガ島北部ネス(Nes)の埠頭にあるE-House博物館では、ケワタガモと人間の関わりの歴史や羽毛の採取の仕方、さらに加工作業に関する展示を見ることができます。ケワタガモは北極海の周辺に生息する鳥で、その羽毛(アイダーダウン)は、軽くて保温性に優れており、防寒衣料や羽毛布団に使用されています。丁寧な仕事が要求される羽毛の加工作業は、昔から女性たちの手により行われてきました。手作業で採取や加工が行われるアイダーダウンは、手間ひまがかかる上、供給量も少なく貴重なため、1kgあたり30,000NOK(約420,000円)以上の高値で取引される最高級品となっています。
ケワタガモは、5月~7月頃に産卵のためにヴェガ群島にやって来ます。アイダーダウンは、ケワタガモが卵を温めるために巣に敷き詰めた羽毛が原料となっていて、ケワタガモが巣立った後に巣に残っている羽毛を人の手で一つ一つ採取していきます。その代わりに島の人々は専用の小屋を用意し、卵を狙う外敵からケワタガモを守り、卵を温め無事孵化できるように見守ります。ヴェガ群島では、ケワタガモと人間とのこのユニークな関係が1000年以上も続いているのです。人間と自然が共生するヴェガ諸島の持続可能な関係性は、自然との関わりを模索する私たち現代人へ何か重要な手がかりを与えてくれているのかもしれません。
博物館では、実際に羽毛の加工作業を体験することもできます。また、地元の工芸品や土産物なども販売されています。

ベストシーズン

ヴェガ島は、メキシコ湾流の影響で、他の同緯度の地域に比べると温暖な気候です。観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。緯度が高いため夏季の日照時間が長く、観光に十分な時間をとることができます。夏でも冷涼な気候で、朝晩は特に気温が下がるので、防寒着は必要となります。


  • 現地
  • オスロ
  • ベルゲン
  • フロム
  • トロムソ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:65.6690, 11.9258
  • 住所:Fv90 43, 8980 Vega, Norway
首都
オスロ
面積
323,802 (km2)
人口
525万人 2016年
言語
ノルウェー語
公用語
ノルウェー語
通貨名
ノルウェー・クローネ ※本サイトではNOKと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Telenor、Telia、Ice.net
最寄り空港からのアクセス方法

【ブレンネイスン空港~ヴェガ島】
タクシーでヴェガ島行のエクスプレス・ボート乗り場→(約6分、料金:100NOK前後)
→ヴェガ島行きボートに乗り換え
→(35分、料金:129NOK)→ベガ島(Rørøy)


参考サイト:tts.no
(2018年3月現在)


最寄り空港詳細

  • ブレンネイスン空港 (BNN)