横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
南アフリカ

フレデフォート・ドーム

(Vredefort dome)

概要

ヨハネスブルグから南西に約120kmのフリーステイト州にあるフレデフォート・ドームは、今から約20億2300万年前に大隕石の衝突により形成された世界最古で世界最大のクレーター(隕石衝突跡)です。通常クレーターは、地殻変動などにより消えてしまうことがほとんどですが、フレデフォート・ドームは、地質学特性を現在まで残しており、地球の形成の歴史を知る上で地質調査の貴重な手がかりとなっています。2005年には、衝突の中心部であるドーム部分とその周辺を含めた約300平方kmのエリアがユネスコの世界遺産に登録されました。


参考サイト:vredefortdome.org


見所ポイント

世界最古で最大の隕石の衝突跡「フレデフォート・ドーム」
空から見たフレデフォートの大地

フレデフォート・ドームは、約20億2300万年前の古原生代に直径10km前後の大隕石の衝突により形成され、現在確認できている限りでは世界最大の隕石衝突跡です。衝突後すぐのクレーターの大きさは、最大で直径300kmにも及び、地下25kmまで地殻はえぐられたものと考えられています。この隕石の衝突は、地球規模の破壊的な変動を引き起こし、生物の進化にまで影響を与える87テラトン(広島型原爆の58億倍)ものエネルギーを放出したと考えられています。ただし、当時地球には人間はおろか、動物や植物さえおらず、藻類が存在するのみでした。この時の衝突によりマントルが融解して多量のマグマが発生し、大量の岩石が蒸発、その後急激に冷却したことを示す地質が確認されており、この地殻の溶解と撹拌により南アフリカの豊富な金鉱床が形成されたと言われています。

地球の表面の大部分は海に覆われていることと、地殻変動などの影響により、通常このような隕石衝突跡は消失してしまうことがほとんどですが、フレデフォート・ドームは、現在まで残っており、地球の形成の歴史を知る上で地質学的にも重要なスポットとなっています。また、フレデフォート・ドームは、カナダのサドベリー・クレーターとメキシコのチクシュルーブ・クレーターとともに地球の3大インパクト(隕石衝突)の一つに数えられています。因みにメキシコのチクシュルーブ・クレーターは、恐竜が絶滅した直接的な原因になったとされています。

石器時代から人類暮らした痕跡が残るフレデフォート・ドーム
世界遺産を示す案内板

隕石の衝突時には直径300kmに及ぶクレーターが形成されたと考えられていますが、その後20億年以上の長い歳月の浸食により現在はフレデフォートの町の周辺にその一部が残るのみとなっています。フレデフォート・ドームの「ドーム」とは隕石が衝突した中心部で、その衝撃により発生した中央の隆起した部分を指します。フレデフォートの町に近かったことから、研究者の間でフレデフォート・ドームと呼ばれるようになり、その名が定着しました。

フレデフォート・ドーム周辺では、古代の岩層から狩猟した動物の岩絵が発見されており、これは後期石器時代から狩猟採取民族と野生動物が調和して暮らしていたことを示唆しています。また、フレデフォート・ドームに点在する丘では鉄器時代の農家や牛飼いの人々の石垣の集落遺跡が見つかっており、いくつかの集落では様々な遺品や金属の精錬窯と思われる遺跡も発見されています。近代では19世紀以降に農家や酪農を営むヨーロッパ系移民が定住するようになりました。そして、19世紀後半ヨハネスブルグがゴールドラッシュに沸くと、フレデフォート・ドーム近くのヴァール川周辺でも金の採掘が行われるようになりました。しかし、金の生産量が少なかったため結局1930年頃にこの地域の金鉱山は閉鎖されました。

多様な植物や動物の宝庫
ヴァール川と豊かな自然が広がる周辺の景観

フレデフォート・ドーム周辺は、草原地帯に蛇行したヴァール川や渓谷、なだらかな起伏のある丘陵地帯などの美しい景観や多様な植物相が見られることから、多くの自然愛好家たちを魅了しています。フレデフォート・ドームは、南アフリカの内陸高原の一部であるハイべルト台地(Highveld)に位置していますが、ドーム内には通常ハイべルト台地では見られないレッド・アイボリーやジャケット・プラム、ベルベット・ブッシュウィローなどの草原地帯に自生する木々が見られます。最もユニークな特徴となっているのが、コピエスクラール地域(Kopjeskraal)の丘の斜面のアフリカン・オリーブの森で、アフリカン・オリーブの木々が1ヶ所に集まる森としては世界最大の規模を誇ります。この森では、色とりどりの野生の花々も自生しています。また、フレデフォート・ドームは野生動物や野鳥、爬虫類なども多く生息しています。特に野鳥は330種以上が観測されており、タカ、サギ類の中で最大種のオニアオサギ、オリーブバトなどの希少種が見られ、バードウォッチング愛好家にも人気があります。

フレデフォート・ドームを訪れる
フレデフォート・ドーム・インフォメーションセンター

フレデフォート近郊の村フェンタースクルーン(Venterskroon)には、フレデフォート・ドーム・インフォメーションセンターがあります。ここには、隕石の衝突の際に形成された特殊な石、地層の写真、地図などフレデフォート・ドームに関する展示がされているので、事前に立ち寄っておくとより楽しめるでしょう。

フレデフォート・ドームは、エリアが広く、現在はほとんどが草原地帯なので見どころがわかりにくく個人で観光するには難易度が高め。もしフレデフォート・ドームを訪れるなら現地のガイドツアーを利用するのがオススメです。現地のツアーでは、自然景観を楽しみながら歴史や文化、地質などについて知ることができるもの、バードウォッチングツアー、地質学者や学生向けの専門的な地質ツアーなど様々なタイプのものがあります。20億年以上前のはるか古の時代の隕石の衝突の痕跡を今でも見ることができるということは奇跡であり、ロマンを感じずにはいられません。

この他にもフレデフォート・ドーム周辺では、美しい自然景観を眺めながら、リバー・ラフティングやハイキング、サイクリング、乗馬などのアウトドア・アクティビティを楽しむことができたり、近代のボーア戦争の記念碑やゴールドラッシュ時代の名残も見ることができます。

ベストシーズン

南半球に位置する南アフリカは、北半球とは逆の季節になります。ヨハネスブルグは、内陸の高原地帯に位置し、夏(11月~3月)の平均最高気温は26度程度と比較的過ごしやすいですが、この時期は雨季にあたり落雷を伴う豪雨になることもあります。一方冬は乾季にあたり、降水量が少なく穏やかな気候が続きます。ただし昼夜の寒暖差が激しいので防寒対策は必要です。観光は1年を通して楽しめますが、ジャカランタという紫色の花が咲き誇る9月末から11月中旬がオススメです。


  • 現地
  • プレトリア
  • ケープタウン
  • ダーバン
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:-26.9993, 27.5061
  • 住所:Unnamed Road, South Africa
首都
プレトリア
面積
1,219,090 (km2)
人口
5,794万人 2018年
言語
アフリカーンス語、英語、バントゥー諸語(ズールー語、コサ語、北ソト語、ソト語、スワジ語、南ンデベレ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語)の合計11言語
公用語
アフリカーンス語、英語、バントゥー諸語(ズールー語、コサ語、北ソト語、ソト語、スワジ語、南ンデベレ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語)の合計11言語
通貨名
ランド 補助通貨はセント(1ZAR=100セント) ※本サイトではZARと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Vodacom、MTN、Cell C、Telkomなど
最寄り空港からのアクセス方法

【O・R・タンボ国際空港からプレトリア】
<電車(ハウトレイン)>
マルボロ(Marlboro)駅で乗り換え


所要時間:約34分
料金:192ZAR


※初回はチャージ式のカード(Gautrain Card)代別途17ZAR


参考サイト:gautrain.co.za


<タクシー>
所要時間:約40分
目安料金:700~800ZAR


【ヨハネスブルグ市内からフレデフォート・ドーム】
車で約1.5時間


(2020年3月現在)


最寄り空港詳細

  • O・R・タンボ国際空港 (JNB)