横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ポーランド

ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群(ポーランド)

(Wooden Tserkvas of the Carpathian Region in Poland and Ukraine (Poland))

概要

ポーランドとウクライナにまたがるカルパチア山脈周辺には、この地方の伝統技法で建てられた木造教会が点在していますが、16~19世紀に東方正教会やギリシャ・カトリックのコミュニティにより建設された前期・後期ハールィチ型、ボイコ型、フツル型、レムコ型の4つの民族グループの様式をそれぞれ代表する16棟の木造教会が2013年にユネスコの世界遺産に登録されました。その内、ポーランドでは、マウォポルスカ県とポトカルパチェ県の8棟が世界遺産に登録されています。


見所ポイント

個性豊かなカルパティア地方の木造教会群
Turzańskの大天使聖ミカエル教会

カルパティア地方には、現在も数多くの木造教会があり、正教会の教会デザインをもとに、カルパティア地方のそれぞれの民族の文化が融合した伝統的な木造建築の傑出した例として高く評価されています。カルパティア地方の木造教会は、この地方独自の複雑な建築構造で、ヨーロッパの他の地域の木造教会とは異なる特徴を持っています。木材を水平に組み上げたログ工法で、天井は四角形や八角形のドーム、クーポラで覆われています。内部は、3つの部屋を持つ単廊式で、華やかな装飾が施されたイコノスタシス(内陣を区切るイコンで覆われた仕切り壁)や鮮やかで独創性に満ちた多色装飾の壁画などが大きな特徴です。

ポーランドでは、ポトカルパチェ県のChotyniecの生神女誕生教会、Radrużの聖パラスケヴァ教会、Smolnikの大天使聖ミカエル教会、Turzańskの大天使聖ミカエル教会、マウォポルスカ県のブルナリ・ビジネの大天使聖ミカエル教会、Kwiatońの聖パラスケヴァ教会、Owczaryの生神女庇護聖堂、Powroźnikの使徒聖子ヤコブ教会の合計8棟が世界遺産に登録されています。

いずれも元は、東方正教会やギリシャ・カトリック教会のコミュニティにより建設された教会ですが、現在はローマ・カトリックの教会として使用さていたり、博物館となっている教会もあります。

ポトカルパチェ県の前期ハールィチ型の教会
Chotyniecの生神女誕生教会

Chotyniecの生神女誕生教会は、17世紀に建てられた前期ハールィチ型のギリシャ・カトリックの木造教会です。この教会は、その後数世紀に渡り何度も改修や再建が行われてきました。教会の隣には、独立した木造の鐘楼があります。内部には、17世紀に制作された立派なイコノスタシスがあり、壁面には18世紀に描かれた壁画が見られます。第2次世界大戦後、一時はローマ・カトリック教会として使用されていた時期もありましたが、現在はギリシャ・カトリック教会として機能しています。

Chotyniecから北に約55km、ウクライナ国境に隣接するRadrużには、16世紀に建てられた聖パラスケヴァ教会があります。丘の上に位置する聖パラスケヴァ教会は、周囲を石壁で囲まれており、かつては教会としてだけでなく要塞としても使用されていたこともありました。現在は、鐘楼や周辺の遺跡など含め、博物館として公開されています。

木のぬくもりが感じられるSmolnikの大天使聖ミカエル教会
Smolnikにある大天使聖ミカエル教会の外観

ポーランドの南東の端、ウクライナ国境にほど近い小さな村Smolnikにある大天使聖ミカエル教会は、元々は16世紀に東方正教会の教会が建てられたのが始まりで、その後、何度か破壊と再建を繰り返しました。現在見られるボイコ型の教会は、ギリシャ・カトリック教会として18世紀に再建されたもの。ボイコ型は、3つのドームが一列に並び、中央のドームが他よりもわずかに大きいのが特徴です。世界遺産に登録されている8棟のポーランドの木造教会の中では、この大天使聖ミカエル教会が唯一のボイコ型です。内部は、装飾は控えめですが、木のぬくもりが感じられる穏やかな空間が広がっています。現在はローマ・カトリックの教会として使用されています。

独特な世界観を持つTurzańskの大天使聖ミカエル教会
華やかな装飾で彩られた大天使聖ミカエル教会内部

Turzańskでは、16世紀前半に東方正教会の教会が創設されました。現在見られるTurzańskの大天使聖ミカエル教会は、19世紀に建てられたレムコ型の教会です。レムコ型の木造教会の建築様式は、教会の入り口に最も高さのあるクーポラを置き、屋根は聖域に向かって低くなっていくのが特徴です。内部の壁面には、この地域のキリスト教化の様子が描かれている他、聖書の場面が描かれた壁画にもこの地域のモチーフや風景が背景に描かれているなど独自性があります。第2次世界大戦後、この地域のウクライナ系住民が強制移住させられ、一時はローマ・カトリック教会として使用されていましたが、その後返還され、現在もレムコ人のコミュニティにより東方正教会の教会として使用されています。

美しい装飾で彩られたレムコ型の教会 その1
Kwiatońの聖パラスケヴァ教会の美しい天井画

Brunary Wyżneの大天使聖ミカエル教会は、1797年にギリシャ・カトリック教会として建てられた教会で、現在は、ローマ・カトリック教会として使用されています。改宗が行われたものの西レムコ型の特徴は随所に残っています。壁や天井には、ロココの建築様式や植物のモチーフが描かれている他、バロック様式の装飾も部分的に残っています。細部まで精緻な装飾が施された豪華なイコノスタシスや説教壇も見応えがあります。

Brunary Wyżneから南東に約15kmの場所に位置するKwiatońの聖パラスケヴァ教会は、17世紀にギリシャ・カトリック教会として建てられ、現在は、ローマ・カトリック教会として使用されている木造教会です。この教会は、保存状態もよく、ポーランドのレムコ型の教会建築の中で最も美しい教会の一つとされています。豪華なイコノスタシスはもちろん、19世紀初頭に描かれた内部の装飾的な鮮やかな壁画や天井画の完成度も高く、思わず見惚れてしまいます。

美しい装飾で彩られたレムコ型の教会 その2
Owczaryの生神女庇護聖堂のイコノスタシス

Brunary Wyżneから北東に約30km、Owczaryの生神女庇護聖堂は、17世紀中頃に建てられたギリシャ・カトリック教会で、その後も何度も改装が行われてきました。内部には、18世紀に制作されたバロック様式のイコノスタシスがあり、墓の中のキリストが描かれた珍しいイコンを見ることができます。イコノスタシスの手前の両サイドにある豪華な装飾が施された2つのバロック様式の祭壇も目を引きます。Owczaryの生神女庇護聖堂は、優れた保存管理が評価され、1995年にヨーロッパ・ノストラ賞を受賞しています。

Brunary Wyżneから南に約30km、Powroźnikの使徒聖子ヤコブ教会は、ギリシャ・カトリック教会として1600年頃に創建されました。現在見られるレムコ型の建物は、17世紀から18世紀に再建されたものです。現在は、ローマ・カトリック教会として使用されています。イコノスタシスの奥の至聖所は壁から天井にかけて多色装飾で彩られています。この他にも18世紀に制作されたイコノスタシスをはじめ、数多くのイコンが飾られており、厳かな雰囲気が漂っています。

ベストシーズン

観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい6月~8月です。夏季は日照時間が長く、夜9時頃まで明るいので観光に十分時間を取ることができます。ただし夏でも朝晩は冷えるので長袖の羽織ものがあった方がよいでしょう。一方、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • ワルシャワ
  • クラクフ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:49.5340, 21.0327
  • 住所:Brunary 45, 38-315 Brunary, Poland
首都
ワルシャワ
面積
312,685 (km2)
人口
3,797万人 2017年
言語
ポーランド語
公用語
ポーランド語
通貨名
ズウォティ 補助通貨はグロシュ ※本サイトではPLNと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Play、Orange、Plus、T-Mobile
最寄り空港からのアクセス方法

【クラクフ空港からクラクフ市内】
<電車>
所要時間:(クラクフ中央駅)約20分
料金:9PLN


参考サイト:malopolskiekoleje.pl


<バス>
208、252番(夜間は902番)が市内まで運行
所要時間:35~45分
料金:4PLN


バス時刻表:rozklady.mpk.krakow.pl


<タクシー>
メーター制
所要時間:(市内中心部)約30分
目安料金:90PLN前後


【クラクフ市内から木造教会群】
教会群は広範囲に点在しているため、車をチャーターするかレンタカーの利用が一般的


(2019年4月現在)


最寄り空港詳細

  • クラクフ・バリツェ空港 (KRK)