横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
台湾

陽明山(ヤンミンサン)

(Yangmingshan)

概要

台北市の北側に位置する陽明山(ヤンミンサン)は、大屯山や七星山などの山域を指し、周辺一体は陽明山国家公園に指定されています。週末を中心に多くの人で賑わう人気の行楽地で、春は花祭り、夏は避暑地として、秋は紅葉、冬は温泉など四季折々の楽しみがあります。公園内には様々なハイキングコースが設けられていて、野生の動植物を観察しながら、自然に親しむことができます。また、高原の隠れ家のようなオシャレなカフェやレストランも点在していて、台北の喧騒から離れて、癒しのひと時を過ごすこともできます。


陽明山国家公園HP


見所ポイント

春夏秋冬の折々の季節を楽しめる陽明山
陽明公園のシンボル花時計

陽明山国立公園内には多くの見どころがあり、台北市内からも車やバスなどでのアクセスがよいので、ピクニック、ハイキングに訪れる市民や観光客で賑わっています。
陽明山と言えば、花が咲き誇る春のシーズンが特に有名。台湾は、2月中旬頃から花のシーズンを迎え、陽明山でも毎年2月中旬から3月中旬にかけて「陽明山花季(花祭り)」が開催されます。期間中は通常の路線バスとは別に臨時バスも運行されています。入口の大きな花時計がシンボルの陽明公園内には、梅や桜、桃、ツツジ、ツバキなどの木々が植えられており、特に花が満開を迎える時期は、園内は訪れる人や車で溢れています。さらに3月から4月にかけては、竹子湖カラーフェスティバルが開催されます。竹子湖はカラー生産が盛んで、台湾の80%を占めています。畑一面に白く凛としたカラーの花が咲き誇る様子は、とても美しく感動ものです。陽明山では、約150種類もの蝶が確認されていて、5月上旬から7月上旬の夏には、アサギマダラとタイワンアサギマダラの群れが出現します。蝶の観察には、二子坪の遊歩道から大屯自然公園にかけてのルートがオススメです。天気がよく風のない午前中が最も蝶が現れるタイミングです。秋は、紅葉とススキのシーズン。9月から10月にかけては、小油坑、大屯山頂、冷水坑、擎天崗などのエリアでたくさんススキが見られるようになります。ススキの穂先は白っぽいのが一般的ですが、陽明山のススキは、硫黄ガスの影響でほんのり赤みがかっています。風に揺れるススキを眺めながら気持ちのよい散策が楽しめます。火山地形の陽明山は、温泉があることでも有名で、園内には温泉エリアが点在しています。冬の寒い時期の温泉は特に人気があります。

台北の最高峰・七星山ハイキング
蒸気がモクモクと噴き上がる小油坑の噴気孔

標高1,120mの七星山は、陽明山国家公園の最高峰であると同時に台北市の最高峰でもあります。七星山は、陽明山国家公園にある火山の内の一つで、噴火によってできた山頂付近のカルデラが長い年月をかけて侵食されて、現在は7つの峰が形成されています。その峰が北斗七星に似ていることから七星山と名付けられたと言われています。蒸気が噴き出す噴気孔や硫黄の結晶が見られる場所や北麓の草原が広がる場所、南麓の広葉樹林が生い茂る場所など、変化に富んだ景色や動植物を楽しむことができます。また様々なハイキングルートが用意されているので、目的のスポットや体力、時間などに合わせて選ぶことができます。
七星山の頂上付近からは、周囲の山々をはじめ台北市街地まで360度のパノラマが広がり、天気のいい日には、台北101や松山空港などもくっきりと見ることができます。小油坑は、岩場の斜面から硫黄の香りとともに蒸気が噴き出すダイナミックな様子や硫黄の結晶を見ることができる展望スポットです。七星山の登山口の一つにもなっていて、自家用車以外にも公園内の循環バスでアクセスすることができます。冷水坑も同じく七星山の登山の起点となる場所ですが、ここは温泉があることで有名です。冷水坑という名前は、この地区の温泉の温度が40℃前後と他の地区と比べると低いことが由来となっています。駐車場の前には足湯風呂があり、登山客やレジャー客でいつも賑わっています。足湯風呂の奥には、男女別々になった無料の公衆浴場があり、ハイキングで体を動かした後に入る温泉は格別です。ただし、この公衆浴場は、1時間半の清掃時間が1日3回あり、利用時間が6:00~9:00、10:30~13:00、14:30~17:00、18:30~21:00と限られているので、利用する際には注意が必要です。冷水坑には温泉の他にも、夢幻湖や七星山公園、牛奶湖、菁山吊り橋など近くに見どころが集中しているので、この周辺だけでも十分に自然を楽しめます。冷水坑から東に2kmほど山道を進むと擎天崗草原があります。広々とした開放的な草原では牛が放牧されていて、ピクニックに訪れる地元の人々の姿も多く見られます。冷水坑と擎天崗草原へは、園内の循環バスのほか、MRT剣潭駅からS5番の路線バスが運行されています。

台北市街を一望できる夜景スポット
中国文化大学前からの夜景

台北市内からもほど近い陽明山は、美しい夜景を眺められるスポットとしても有名です。竹子湖展望台や頂湖など夜景鑑賞スポットはいくつかありますが、最も代表的なのが、中国文化大学前からの夜景。大学前の道路脇には、双眼鏡が設置された小さな展望エリアが設けられています。ここは無料で夜景を楽しむことができる人気のスポットで、車やバイクで訪れる地元の学生や若者の姿が多く見られます。また、この夜景を眺めならがお酒や食事を楽しめるスポットとして知られているのが、中国文化大学のすぐ下にあるレストラン「The Top」。The Topは、台湾ドラマのロケ地としても度々使用されるレストランで、ヤシの木が植えられた南国のリゾート風のオシャレなテラス席からは台北の市街地を一望できます。ゆっくりと寛げるソファ席もあり、デートスポットとしても人気です。「The Top」の他にも、途中の光華路沿いには、景色を楽しめるカフェやレストランが点在しています。観光客が訪れる場合は、タクシーを利用するのが一般的で、MRTの芝山駅から20分ほどです。台北最大規模を誇る士林夜市も芝山駅とそれほど距離は変わらないので、夜景を見た後に立ち寄ってみるのもオススメです。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
秘湯 陽明山国家公園 日帰り温泉送迎付5時間

veltra.com

台北の魅力を凝縮!文化と食の9名所を回る1日ツアー1日

veltra.com

台北発 感動の絶景と出会う!七星山ハイキングツアー1日

veltra.com

ベストシーズン

台北は、台湾島の北部に位置し、亜熱帯性気候で年間を通して温暖です。一年を通して雨がよく降りますが、特に6~9月は雨が多く、かなり蒸し暑くなります。またこの時期は台風が頻繁に発生します。旅行のベストシーズンは、過ごしやすい気候の3~5月と10~11月です。12~2月は天候が不安定になり冷え込むこともあるので防寒着があると安心です。また夏でも屋内は冷房がかなり効いているので羽織ものなどが1枚あると便利です。


  • 現地
  • 台北
  • 高雄
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:25.1556, 121.5457
  • 住所:112, Taiwan, Taipei City, Beitou District, 竹子湖路1-16號
首都
台北
面積
35,980 km2
人口
2,337万人 2013年
言語
中国語、台湾語、客家語など
公用語
中国語
通貨名
台湾元(元、ニュー台湾ドル、圓と表記されることもあり、口語では塊(クァイ)と呼ばれることもある) ※本サイトではTWDと表記
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
中華電信、遠伝電信、台湾大哥大、威宝電信、亜太電信
最寄り空港からのアクセス方法

【桃園空港から台北市内】
<桃園空港MRTを利用>
空港から台北駅まで運行
※快速と普通車あり


(台北駅まで)
所要時間:35~45分
料金:160TWD


<空港リムジンバスを利用>
台北市内へは複数路線あり
空港ターミナル内のバスチケットカウンターでチケットを購入後、指定のバス停から乗車。


所要時間:約1時間
料金:90~145TWD ※路線により異なる


<タクシーを利用>
到着ロビーにあるタクシー乗り場から行き先を告げて乗車


所要時間:約1時間
目安料金:1300TWD前後


<シャトルバス+台湾高速鉄道を利用>
空港からシャトルバスに乗車→(約25分)
→台湾高速鉄道桃園駅→(約20分)→台北駅


所要時間:約1時間
料金:シャトルバス30TWD
高速鉄道(一般)160TWD


【台北市内からのアクセス】
台北駅北口前のバス停から260番バスに乗車
(MRT淡水線剣潭駅からも乗車可能)
→陽明山バスターミナル下車


所要時間:(台北駅から)約1時間


最寄り空港詳細

  • 台湾桃園国際空港 (TPE)
  • 台北松山空港 (TSA)